お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

見えない矯正方法とはどんな方法ですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

見えない矯正方法とはどんな方法ですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「見えない矯正方法」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療における最大の欠点を挙げるとすれば、それは矯正装置の装着です。

最終的に美しい歯並びが実現するとは言え、治療の過程で必要な矯正装置の装着は見た目に影響します。
特に若い女性の方からすれば、ワイヤーが丸見えの矯正装置を装着することに抵抗を感じるでしょう。
しかし、最近の矯正治療では見えない矯正装置を使った矯正方法も存在します。

裏側矯正について

従来のワイヤー矯正と同じながらも、ワイヤー自体を裏側に装着する矯正方法です。
舌側矯正とも呼ばれる方法で、裏側に矯正装置を装着することから目立ちにくくなります。
ただし裏側矯正はその仕様上、それならではの欠点もあります。

例えば発音のしづらさ…これは矯正装置が舌に当たることで起こる問題です。
また、裏側に矯正装置があることで歯磨きしづらいという意見もあります。
最も、近年ではサイズがより小さくなっており、こうした欠点への改善も見られます。

マウスピース矯正について

裏側矯正について触れましたが、「見えない矯正方法」を紹介するならそれはマウスピース矯正でしょう。
マウスピース矯正は文字どおり矯正装置がマウスピースタイプになっており、
自由に取り外しできることで食事や歯磨きにおいて支障がありません。

さらに取り外し可能であるメリットはもう1つあり、それは矯正治療中の虫歯にも対処しやすいことです。
また、「見えない矯正方法」というだけあってマウスピース自体、透明で目立ちにくい仕様にもなっています。
最も、歯を動かす力はワイヤー矯正には劣るため、対応できる症例には限界があります。

マウスピース矯正のデメリット

「目立たない」というメリットがあるマウスピース矯正は、特に大人には人気の矯正方法です。
とは言え、マウスピース矯正にも欠点…つまりデメリットはあるため、
メリットだけに捉われずデメリットも把握した上で治療を検討しましょう。

デメリット1. 対応できる症例に限界がある

上記でも少し触れましたが、歯を動かす矯正力はワイヤー矯正の方が上です。
このためマウスピース矯正は対応できる症例に限界がありますし、
矯正治療全体の治療期間も長くなります。

デメリット2. 治療を受けられる歯科医院が少ない

マウスピース矯正は比較的新しい治療方法であるため、
矯正治療を行っている全ての歯科医院に導入されているわけではありません。
矯正治療はできるけどマウスピース矯正は行っていないという歯科医院がまだまだ多いのです。

インビザラインとアソアライナー

マウスピース矯正の場合、使用するマウスピースに種類があります。
一般的にはインビザラインかアソアライナーを取り扱っている歯科医院が多いのですが、
これらはそれぞれ異なった特徴を持っています。

インビザラインの特徴

インビザラインは世界ナンバー1のシェアを誇っており、その意味でも信頼性が高いとされています。
対応できる症例に限界があるマウスピース矯正ですが、インビザラインは対応できる症例が多く、
他のマウスピース矯正では対応できない症例でもインビザラインなら対応できることもあります。

また、インビザラインは矯正後の歯並びの状態を3Dでシミュレーションできるため、
口頭や文章で伝えることに比べて患者さんのモチベーションが上がりやすいのも特徴です。
装着の違和感も少ないことから、インビザラインでのマウスピース矯正は比較的快適とされています。

アソアライナーの特徴

アソアライナーの場合は治療の段階ごとで歯型をとるため、治療の精度が高いとされています。
最も、その分通院の回数は多くなるため、手間という意味ではそれはデメリットとも言えるでしょう。
また、対応できる症例はインビザラインに比べて少なくなっています。

こうした特徴だけに注目するとアソアライナーはインビザラインに劣っているイメージがありますし、
実際に対応できる症例に差があることから、矯正装置として優れているのはインビザラインです。
ただしアソアライナーはその分費用が安く設定されているというメリットがあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、見えない矯正方法についてまとめます。

1. 裏側矯正について :舌側に矯正装置を装着することで、表側…つまり他の人から見て目立たない
2. マウスピース矯正について :見えない矯正の代表的な方法。自由に取り外しも可能
3. マウスピース矯正のデメリット :対応できる症例が少なく、取り扱っている歯科医院も少ない
4. インビザラインとアソアライナー :それぞれ異なった特徴を持っている(具体的な特徴は本文参照)

これら4つのことから、見えない矯正方法について分かります。
見えない矯正方法によって矯正装置を装着することへの悩みは幾分か解消されます。
特にマウスピース矯正は食事や歯磨きの時にも苦にならないため、最近では人気の矯正方法です。

矯正治療と聞くと一見ワイヤー矯正をイメージしますが、それはあくまでも以前の話であり、
今では裏側矯正やマウスピース矯正などの見えない、もしくは目立たない矯正方法もあるのです。

PAGE TOP