お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正学会認定医・指導医・専門医とは?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

矯正学会認定医・指導医・専門医とは?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正学会認定医・指導医・専門医について」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療は歯科治療の中でも難易度が高い治療です。

このため、患者さんとしては腕の良い歯科医に治療を受けたいと思うのが自然でしょう。
ではどうやって腕の良い歯科医を見分ければ良いのか?
…その基準となるのが資格の有無で、矯正学会の認定医や専門医の資格が対象になります。

矯正治療を行う基準と問題点

日本の歯科医師法では、歯科医師免許を持つ歯科医であれば全ての歯科治療が行えます。
つまり歯科医であれば経験の有無や実績関係なく、矯正治療を行うことができるわけです。
この基準は矯正治療を希望する患者さんにとって問題と言えるでしょう。

例えば矯正歯科の診療科目を掲げる歯科医院があったとすれば、
矯正治療を希望する患者さんはその歯科医院を訪れます。
しかしそこの歯科医が矯正治療の経験が浅ければ、せっかくの矯正治療が失敗する可能性があるでしょう。

極端に言ってしまえば、腕の悪い歯科医でもその歯科医が歯科医である以上、矯正治療を行えてしまうのです。
こうした現状があり得る以上、患者さんは腕の良い歯科医を見分ける必要があります。
その判断基準となるのが、日本矯正歯科学会の資格の有無です。

学会と資格制度

日本では矯正治療をはじめ、各科の専門医の育成に力を入れており、そのための存在が学会です。
学会は多数存在しますが、最も一般的で会員数が多いのが日本矯正歯科学会です。
そして、この日本矯正歯科学会では認定医や専門医などの資格制度を設けています。

この資格は全ての歯科医に与えられるものではなく、一定の基準を満たした歯科医にのみ与えられます。
しかもその基準は非常に高いレベルとなっており、
資格を取得するには相当な経験と知識と技術が求められるのです。

その意味で、日本矯正歯科学会の認定医や専門医の資格を持つ歯科医こそ、
矯正治療において患者さんから見て「腕の良い歯科医」と判断できるでしょう。
矯正治療を希望する際には、こうした認定医や専門医から治療を受けるのが安全です。

日本矯正歯科学会の認定医と専門医の基準

日本矯正歯科学会の認定医、もしくは専門医の資格を取得するための基準は以下のとおりです。

3-1. 日本矯正歯科学会の認定医の基準
歯科医師免許を有する
歯科医師免許を取得してから5年以上継続して学会の会員である
学会指定研修機関において、5年以上矯正歯科研修を修了している
学会の認めた学術刊行物において、歯科矯正臨床に関係した報告を発表している
学会倫理規定を遵守している

…このように、日本矯正歯科学会の認定医になるためには最低5年以上の経験が必要です。
また、ただ歯科医院をしていれば取得できる資格というわけでもないのです。

3-2. 日本矯正歯科学会の専門医の基準
日本矯正歯科学会・認定医の資格を有する歯科医師である
10年以上継続して学会の会員である
学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、
なおかつそれら全ての治療結果が学会の定めた基準を満たして合格している
過去10年以内に学会の定めた刊行物、もしくは学術集会において矯正歯科に関係した発表をしている
学会倫理規定を遵守するもの

…専門医の基準はより厳しくなっており、認定医の中で特に技術と経験に秀でた歯科医に与えられる資格です。
経験としては最低10年以上、さらに課題となる症例を自らの治療で治し、
なおかつ一定以上の治療成果を達成しなければ専門医の資格は取得できません。

日本矯正歯科学会の認定医と専門医の在籍する歯科医院

日本矯正歯科学会の認定医や専門医の資格を持つ歯科医に矯正治療を受ける場合、
該当する歯科医が勤務する歯科医院を探さなければなりません。
これはインターネット環境がある人なら簡単に探すことができます。

日本矯正歯科学会はWEBサイトを設立しています。
そのWEBサイト内では、日本矯正歯科学会の認定医や専門医の在籍する歯科医院が掲載されています。
それも都道府県別で検索できますし、その歯科医院の住所や連絡先も確認できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正学会認定医・指導医・専門医についてまとめます。

1. 矯正治療を行う基準と問題点 :歯科医師の免許があれば、経験の未熟な歯科医でも矯正治療を行える
2. 学会と資格制度 :日本矯正歯科学会の認定医、もしくは専門医の資格を持つ歯科医に注目する
3. 日本矯正歯科学会の認定医と専門医の基準 :資格取得の基準は厳しいものになっている(本文参照)
4. 日本矯正歯科学会の認定医と専門医の在籍する歯科医院 :日本矯正歯科学会のWEBサイトで確認

これら4つのことから、矯正学会認定医・指導医・専門医について分かります。
残念ながら、中には目立った活動をしていない学会もありますし、
その学会で資格を取得していても腕の良さを知る参考にはなりません。

確実なのは、学会は最も会員数の多い日本矯正歯科学会に注目することです。
そして、日本矯正歯科学会の認定医や専門医の資格を持つ歯科医であれば、
矯正治療においては経験と技術に長けた腕の良さを誇っています。

PAGE TOP