お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正治療を始める最適な時期は?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

矯正治療を始める最適な時期は?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療を始める最適なタイミング」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療を検討している人が最初に悩むのは、いつ治療を始めるのがベストなのかという点です。

これについての説明でまず知っておいてほしいのが、大人と子供では最適なタイミングが異なる点です。
そしてそのタイミングが分かりづらいのが後者…つまり子供の矯正治療の場合です。
そこで、ここでは矯正治療を始める最適なタイミングについて、大人の子供の両方のケースで説明します。

大人の矯正治療の場合

大人の矯正治療の場合、最適なタイミングは「矯正治療をしたいと思った時」です。
これはどういうことかと言うと、成人した大人は既に永久歯も生えそろい、顎の骨も成長を終えています。
このため、矯正治療を始めるタイミングを伺う必要がないのです。

つまり、「矯正治療をしたいと思った時にすれば良い」…これが正論です。
敢えて言えば矯正治療は長期間の通院が必要ですから、
仕事のスケジュール上それが可能なタイミングを考えるべきでしょう。

また、早く矯正治療をすればそれだけ早く美しい歯並びが手に入るため、
通院の点で問題がなければ少しでも早く治療した方が良いとも言えます。

子供の矯正治療の場合

矯正治療の最適なタイミングで悩むのは子供の矯正治療の場合です。
そしてその理由として挙げられるのが、歯科医によって回答が異なるという点です。
まずはこの歯科医によって回答の違いが生じる理由について説明します。

子供の矯正治療の最適なタイミングを質問した時、歯科医の回答としては以下の3パターンです。

•乳歯の時期
•永久歯が生え始め、乳歯と永久歯が混ざっている時期
•永久歯が生えそろった時期

…これら3つのタイミングについてですが、どれも間違いではありません。
どれも間違いではないのですが、どれも万能なタイミングというわけではなく、
つまりそれぞれのタイミングにおいてメリットとデメリットがあるのです。

そしてどのタイミングのメリットが最も優れているのか?
さらにどのタイミングのデメリットを避けるべきなのか?…その見解は歯科医によって異なります。
このため、歯科医によって回答する最適なタイミングが異なるというわけです。

では、以下の項目でそれぞれのタイミングにおけるメリットとデメリットをお伝えするので、
それらを考慮して自分に合ったタイミングを選べば良いですよ。

乳歯の時期の場合

乳歯の時期に歯並びを正しい状態にしておけば、
永久歯に生え変わった時にも正しい歯並びになる確率が高まります。
ここでポイントになるのが「確率」という表現です。

つまり、「永久歯に生え変わった時に絶対に正しい歯並びになる」とまでは言い切れないのです。
このため、乳歯の時期は顎の成長やズレなど、いわゆる骨格的な部分の不正咬合に注意して、
本格的な矯正治療は永久歯が生えてからの方が良いという意見もあります。

乳歯と永久歯が混ざっている時期

既に生えている一部の永久歯を正しい位置に動かすことで、
今後生えてくる永久歯も正しい位置に生えてくる…これがこの時期に矯正治療を開始する狙いです。
つまり、今後生えてくる永久歯が正しい位置に生えるよう、そのために必要なスペースを確保する考えです。

この時期に矯正治療を開始する場合、正しい噛み合わせは全ての永久歯が生えそろってから作ります。
このためトータルの治療期間が長くなりがちですし、その間に虫歯になるリスクも生じます。
また年齢的に考えて子供に意思が芽生えているため、矯正治療に非協力的になってしまう可能性もあります。

永久歯が生えそろった時期

そもそも矯正治療を受ける目的は、最終的に綺麗な歯並びにすることです。
つまりそれは、永久歯が生えそろった時に綺麗な歯並びにしたいということでもあるため、
「それなら永久歯が生えそろってから矯正治療をしましょう」という考えでのタイミングです。

このタイミングで矯正治療の開始するメリットは、治療期間が短くなることです。
一方デメリットとしては既に永久歯が生えそろった状態であることから、
歯並びの状態によってはスペース確保のための抜歯が必要になる可能性があることです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療を始める最適なタイミングについてまとめます。

1. 大人の矯正治療の場合 :したいと思った時にするのが最適だが、通院の可否を判断する必要はある
2. 子供の矯正治療の場合 :歯科医によって見解が異なるが、どれも間違いではなくそれぞれメリットがある
3. 乳歯の時期の場合 :永久歯に生え変わった時に正しい歯並びになる確率が高い
4. 乳歯と永久歯が混ざっている時期 :既に生えている永久歯を動かし、今後生える永久歯の位置を正す
5. 永久歯が生えそろった時期 :治療期間が短くてすむが、抜歯が必要になる可能性がある

これら5つのことから、矯正治療を始める最適なタイミングについて分かります。
大人の場合は簡単で、矯正治療をしたいと思った時が最適なタイミングと捉えて構いません。
ただし治療の過程で長期間の通院が必要になるため、それが可能かどうかを判断する必要があります。

一方難しいとされるのが子供の矯正治療の場合です。
ここでは歯科医の回答として挙げられる3つのタイミングをお伝えしたので、
それぞれのメリットとデメリットに注目して自分の都合や理想に合ったタイミングを選択しましょう。

PAGE TOP