お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正の治療期間は?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

矯正の治療期間は?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正の治療期間」です。ぜひご愛読ください。
矯正は治療期間が長い上、その間は矯正装置を装着して生活しなければなりません。

矯正装置の装着は場面によっては不自由に感じますし、見た目が気になる人も多いでしょう。
そこで問題になってくるのが、矯正の治療にはどのくらいの期間が掛かるのかということです。
今回は、そんな矯正の治療期間について説明していきます。

治療期間は症例によって異なる

一般的に矯正の治療期間は1年~3年ほどと言われていますが、この一言で疑問は解決しないでしょう。
と言うのも、1年と3年では随分な期間の差があるからです。
ではなぜここまで期間に大きな差が出るのか?…まずはそれについて説明します。

そもそも矯正は歯並びの悪い人がそれを改善するために行う治療ですが、
歯並びが悪いといっても状態は様々で、少しだけ歯並びが悪い人もいれば凸凹の歯並びの人もいます。
このように、患者さんの歯並びの状態によって治療期間が異なる…つまり治療期間に差が出るのです。

症例ごとの治療期間

ではここで、患者さんの歯並びの状態を3段階に分けてそれぞれの場合の治療期間を考えてみます。

•ある程度歯並びが整っている状態
矯正の中で最も簡単なケースです。ある程度歯並びが整っていることから、
歯を並べるスペースも確保されており、そのため抜歯する必要もなく矯正が可能です。
この場合、6ヶ月~1年ほどの治療期間になります。

•歯並びが良くもないが凸凹でもない状態
決して歯並びが良いとは言えないものの、凸凹になっているわけでもない状態で、
矯正の症例としてはこれが一般的なケースになります。
この場合、1年~2年ほどの治療期間になります。

•歯並びが凸凹の状態
歯並びが凸凹だと、矯正によって大きく歯を動かさなければなりません。
症例としても難しく、歯を大きく動かす必要があることから治療期間が長くなります。
この場合、2年~3年ほどの治療期間になります。

…このように、簡単な症例であれば矯正した時の治療期間は1年ほどになりますが、
逆に難しい症例の場合は3年ほどの治療期間になることもあります。
「矯正の治療期間は1年~3年ほど」と漠然的に表現される理由は、こうした症例の違いにあるのです。

治療期間が長引くケース

矯正の治療期間は、歯並びの状態とは全く別の理由で長引くことがあります。
具体的には、以下のようなケースが挙げられます。

•虫歯や歯周病に掛かっている
矯正中に虫歯や歯周病に掛かった場合、状態によってはこれらの治療を行うために矯正を中断します。
中断すればその間は矯正の治療ができないため、その分治療期間が長引いてしまいます。
また、矯正前に虫歯や歯周病があった場合も先のこれらの治療を行うため、矯正の治療開始が遅れます。

•決まった頻度で通院しない
矯正の治療では、一定期間先の歯の動きを予測した上で歯を動かしていきます。
そして予測どおり歯が動くことで、また新たな矯正装置に交換して次の段階に進みます。
しかし通院を怠るとその間に想定外の位置まで歯が動き、次の段階に進めずに治療期間が長引きます。

•矯正装置を決まった時間装着しない
最近はマウスピース矯正を希望する人が増えていますが、
マウスピース矯正の場合は矯正装置を自分で取り外しすることができます。
矯正装置の装着がサボり気味になると歯が思うように動かないため、それが原因で治療期間が長引きます。

保定期間について

「矯正の治療期間=装置の装着期間」と捉える人がいますが、それは間違いです。
確かに矯正が終われば矯正装置を外すことができますが、その後は保定装置を装着する必要があるからです。
この保定装置はリテーナーとも呼ばれ、保定装置を装着する期間を保定期間と呼びます。

矯正で動いた歯は元の位置に戻ろうとするのですが、この現象を後戻りと呼びます。
後戻りによって歯が元の位置戻ってしまえば矯正がムダになってしまいます。
保定期間はそんな後戻りを防ぐための期間で、期間中は保定装置を着用することになります。

保定期間の長さは一般的に1年~3年ほどで、これは歯科医によって見解が異なります。
実際に保定装置は長く着用するほど効果が高くなるため、
できるだけ保定期間を長く設ける歯科医も多いですし、患者さんの都合に合わせる歯科医もいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正の治療期間についてまとめます。

1. 治療期間は症例によって異なる :一般的に期間は1年~3年。この期間の差は症例の違いが関係している
2. 症例ごとの治療期間 :簡単なケースなら1年ほどだが、難しいケースでは3年ほど掛かる
3. 治療期間が長引くケース :虫歯や歯周病の発覚で矯正を中断、もしくは治療開始が遅れることがある
4. 保定期間について :矯正後は後戻りを防ぐための保定期間に入り、その期間中は保定装置を装着する

これら4つのことから、矯正の治療期間が分かります。
このように、元々の歯並びの状態によって治療期間は異なります。
簡単な症例であれば1年ほどになりますが、難しい症例であれば3年ほど掛かることもあります。
このため、矯正の治療期間は1年~3年ほどと考えておけば良いでしょう。

PAGE TOP