お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

なぜ矯正治療は歯科医によって言うことや見解が違うのですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

なぜ矯正治療は歯科医によって言うことや見解が違うのですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療で歯科医によって見解が異なる理由」です。ぜひご愛読ください。
例えば虫歯治療で歯科医院に行った場合、どの歯科医院に行っても歯科医の見解はほぼ同じです。

しかし矯正治療の場合はそうではなく、歯科医によって見解が異なることが多いですね。
そうなると当然患者さんも不安になり、どの歯科医を信用すれば良いのか悩んでしまうでしょう。

しかし、そもそもなぜそんな事態が起こるのでしょうか。
ここでは、矯正治療において歯科医ごとで見解が異なる理由について説明していきます。

技術の差の問題

矯正治療は難易度の高い治療であり、その分歯科医ごとでの技術の差が大きく出ます。
日本の歯科医師法の場合、歯科医師免許を所持していれば全ての歯科治療を行えるシステムになっており、
このため経験が未熟な歯科医でも歯科医である以上、矯正治療を行えるようになっています。

その一方で矯正治療においては多くの学会が存在し、
最も会員数の多い日本矯正歯科学会では矯正治療における認定医や専門医の資格制度を導入しています。
特に専門医の資格を取得する基準は非常に厳しく、具体的には以下のようになっています。

•日本矯正歯科学会・認定医の資格を有する歯科医師であること
•10年以上継続して学会の会員であること
•学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、
なおかつそれら全ての治療結果が学会の定めた基準を満たして合格すること
•過去10年以内に学会の定めた刊行物、もしくは学術集会において矯正歯科に関する発表をしたもの
•学会倫理規定を遵守するもの

…矯正治療の経験がない歯科医と日本矯正歯科学会の専門医の資格を持つ歯科医、
どちらの歯科医も矯正治療を行えるわけですが、それぞれの歯科医で技術の差は明白です。
そして、それぞれの歯科医で技術の差があるため見解も異なってくるのです。

<日本矯正歯科学会の専門医を探すには>
日本矯正歯科学会のWEBサイトでは、専門医の資格を持つ歯科医の在籍する歯科医院が掲載されています。
都道府県別に検索できる上に該当する歯科医院の連絡先も掲載されているため、
専門医による治療を希望する場合は日本矯正歯科学会のWEBサイトを利用すると便利です。

矯正方法による見解の違い

矯正方法には種類があり、採用している矯正方法は歯科医院ごとで異なります。
そして、この矯正方法による違いが同時に歯科医ごとの見解の違いを生んでいます。
例えばA、B、Cの3つの歯科医院があるとして、それぞれ以下の矯正方法を採用していたとします。

•Aの歯科医院…表側矯正
•Bの歯科医院…裏側矯正
•Cの歯科医院…マウスピース矯正

…Aの歯科医院で採用する表側矯正は歯を動かす力に長けているため、
歯並びが凸凹の患者さんが来院してもすんなりと治療にすすめるでしょう。

Bの歯科医院で採用する裏側矯正も歯を動かす力に長けていますから、
同じ患者さんが来院してもすんなりと治療にすすめます。
しかし裏側矯正は発音がしづらくなる欠点がありますから、Aの歯科医院と違ってその点の説明があるでしょう。

最後にCの歯科医院で採用するマウスピース矯正は審美性の高さや違和感の少なさに長けています。
しかしマウスピース矯正は歯を動かす力が弱く、対応できる症例が限られています。
このため同じ患者さんが来院した時、この矯正方法では対応できないと回答する可能性があるのです。

このように、矯正方法が違うことでそれぞれの歯科医の意見…つまり見解が異なってくるのです。

子供の矯正の場合

子供の矯正の場合、矯正開始のタイミングのすすめで歯科医ごとに見解が異なることがあります。
この場合、一般的に歯科医の見解として以下の3パターンが考えられます。

•乳歯の時期
•永久歯と乳歯が混ざって生えている時期
•永久歯が生えそろった時期

…問題はどの見解が正しいのかということですが、実はどれも正しい見解です。
しかしどの見解も万能ではなく、それぞれの時期ごとで矯正治療するメリットとデメリットがあるのです。
要は、歯科医がどの時期のメリットを優先してどの時期のデメリットを避けるのか?
その考えによって矯正開始のタイミングのすすめで見解の違いが生じるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療で歯科医によって見解が異なる理由についてまとめます。

1. 技術の差の問題 :経験未熟な歯科医と専門医では、腕の差による見解の違いが生じる
2. 矯正方法による見解の違い :採用する矯正方法によって独自の特徴があるため、見解にも違いが生じる
3. 子供の矯正の場合 :矯正開始のタイミングにおいて見解の違いが生じやすい

これら3つのことから、矯正治療で歯科医によって見解が異なる理由について分かります。
こうした見解の違いが生じる以上、患者さんとしては信頼できる歯科医院選びが重要になります。
確実なのは日本矯正歯科学会の専門医の資格を持つ歯科医から治療を受けることで、
その歯科医であれば矯正治療においては豊富な実績と経験を持っているため信頼できます。

PAGE TOP