お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正治療に年齢制限はありますか?50代です、昔はなかった前歯の隙間が気になるのですが今からでも矯正できますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正治療に年齢制限はありますか?50代です、昔はなかった前歯の隙間が気になるのですが今からでも矯正できますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「50代の矯正治療について」です。ぜひご愛読ください。
まず結論を言うと、矯正治療に明確な年齢制限はありません。

このため50代での矯正治療はもちろん可能性ですし、決して稀なケースではありません。
ただし、中には50代で矯正治療を受ける必要性があるのか疑問に思う人もいるでしょう。
その点も踏まえて、50代での矯正治療をテーマにしたお話をしていきます。

歯周病の可能性

さて、今回の質問の中で「昔はなかった前歯の隙間が気になる」とありますが、
まずこれは歯周病によって歯が移動した可能性があります。
歯周病は進行すると歯を支える歯槽骨が溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

このため、例え矯正治療を受けないにしても突然前歯に隙間ができた場合などは、
歯周病の可能性を考えて歯科医院で診察を受けることをおすすめします。
そこで歯周病が発覚した場合、まずは矯正治療の検討よりも歯周病の治療を優先してください。

50代での矯正治療

もし50代という年齢面で矯正治療に抵抗を感じているなら、それは全く気にする必要はありません。
実際に50代でも矯正治療を希望する人はいますし、前述したように稀なケースではないのです。
そもそも矯正治療は治療期間が長く、さらに高額な費用が掛かる治療です。

その点では、若い人に比べて時間や経済面において余裕がある50代の人は、
むしろ矯正治療に向いているとも言えるでしょう。矯正治療に「今更」という言葉はありません。
歯並びが悪い人にとっては年齢関係なくおすすめできる治療です。

50代の矯正治療のメリット

矯正治療を受けるかどうか、その判断基準は矯正治療にどんなメリットがあるのかです。
ちなみに、矯正治療のメリットは「審美性が高くなる」だけではありません。
もちろん審美性が高まることは大きなメリットですから、それも含めて矯正治療のメリットを全て説明します。

審美性が高まる

歯並びが美しくなることは顔全体の見た目が美しくなることを意味します。
笑顔が美しくなることは大きなメリットですし、このメリットに年齢制限はありません。
特に50代という年齢を考えれば、歯並びが美しくなることで若く見える人もいるでしょう。

虫歯を予防しやすくなる

歯並びが悪いと凸凹しているため歯磨きがしづらく、箇所によってはプラークが溜まってしまいます。
このため、歯並びが悪い人は虫歯になりやすい傾向があるのです。
つまり、矯正治療で歯並びを改善すれば虫歯を予防しやすくなるということになります。

噛み合わせが良くなる

噛み合わせが悪いと歯にダメージを与え、年齢によってはしっかり噛めなくなってしまいます。
矯正治療による歯並びの改善は噛み合わせの改善にもつながり、
しっかり噛めることで50代やそれ以降の年齢になっても噛むことに対する不安がなくなります。

歯を守れる

50代になると歯を失うのが怖くなりますが、歯を失う要因として最も高いのが歯周病です。
また、虫歯が進行して歯を失うケースもあります。
矯正治療で歯並びを改善すれば虫歯や歯周病を予防しやすくなり、それは歯を守ることにつながります。

頭痛や肩こりの解消

日頃から頭痛や肩こりで悩まされているのなら、それは噛み合わせの悪さが原因かもしれません。
噛み合わせが悪いと噛む筋肉が悪影響を受け、頭痛や肩こりを引き起こすことがあるからです。
矯正治療で噛み合わせの悪さを改善できますから、それが原因となる頭痛や肩こりを解消できます。

…今回は50代になっての矯正治療をテーマにしているため、
ここでは「50代の矯正治療のメリット」と表現しました。
しかし実際にはこれらのメリットに年齢は関係なく、矯正治療そのものに言えるメリットです。

50代の矯正治療のデメリット

矯正治療の方法は年齢関係なく同じですが、
50代で矯正治療を受ける場合、若い人に比べてデメリットとなる部分もあります。

歯が動くのが遅い

矯正治療で歯を動かすには、歯周組織の新陳代謝が大きく関係しています。
こうした代謝は年齢とともに低下していくため、
50代で矯正治療を受けた場合は若い人に比べて歯が動くのが遅くなります。

後戻りしやすい

これは50代に限らず、大人の矯正治療全体に言えることです。
大人の歯は後戻りが起こりやすく、そのため「矯正治療は子供の頃にした方が良い」と言われます。
ただし保定装置の装着で対処できるため、矯正治療がムダになることはありません。

歯肉が下がることがある

元々歯肉は加齢によって下がりますが、
歯肉が下がった状態で矯正治療をするとさらに歯肉が下がることがあります。
また、これによって知覚過敏が起こるケースもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、50代の矯正治療についてまとめます。

1. 歯周病の可能性 :以前はなかったのに前歯に隙間があいた場合は歯周病の可能性がある
2. 50代の矯正治療 :決して稀なケースではなく、矯正治療に「今更」はない
3. 50代の矯正治療のメリット :審美性が高まる、虫歯を予防しやすくなる、噛み合わせが良くなるなど
4. 50代の矯正治療のデメリット :歯が動くのが遅い、後戻りしやすい、歯肉が下がることがあるなど

これら4つのことから、50代の矯正治療について分かります。
今回はたまたま50代の矯正治療がテーマでしたが、60代でも矯正治療は可能です。
このため、例え年齢が高い人でも矯正治療における年齢制限を気にすることはありません。
矯正治療に「今更」はなく、何歳で治療しても今後の人生に必ずプラス効果をもたらします。

PAGE TOP