お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正治療のために小さな子どもを連れてきても大丈夫ですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正治療のために小さな子どもを連れてきても大丈夫ですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「子供と矯正治療」です。ぜひご愛読ください。
小さな子供がいる親が矯正中だとして、通院時に子供を連れてくるのは問題ありません。

スタッフが対応できますし、歯科医院によってはキッズスペースも充実しています。
では、小さな子供が矯正を受けることはできるのでしょうか。
そこで、ここでは子供の矯正の年齢を中心とした説明していきます。

子供の矯正の年齢

実際のところ、子供の矯正の開始時期として強くおすすめする時期はなく、「矯正治療をしたい」と思った時がその人にとって最適な開始時期と言えます。
子供の矯正を開始する年齢を考えると、時期的には次の3つのパターンがあります。

・乳歯だけ生えている時期
・乳歯と永久歯が混ざって生えている時期
・永久歯が生えそろっている時期

それぞれ時期は全く異なりますが、どの時期においてもその時の状態に合った治療計画を提案できますから、タイミングとして早すぎる、遅すぎるということにはなりません。
最も、大人と子供で比較すれば、大人よりも子供の時に矯正した方が確実にメリットは多いです。

矯正への理解

子供の矯正において大切なのは、本人が治療に対して協力的になってくれることです。
子供は大人ほど口元の見た目を気にしませんから、例え凸凹した歯並びだとしても矯正したいとは思わないでしょう。

しかし、無理やり矯正をすすめてしまえば子供は治療に対して非協力的になってしまいますし、そうなるとせっかく矯正しても思ったような成果は得られなくなってしまいます。
ですから、小さな子供に対してでも歯科医はしっかりと分かりやすく治療の説明をします。

それぞれの開始時期のメリットとデメリット

子供の矯正の開始時期として3つのパターンがあると説明しましたが、それぞれの開始時期におけるメリットとデメリットは次のようになります。

乳歯だけ生えている時期

乳歯の段階で歯並びを正常にしておけば、永久歯が位置に生えてくる確率が高く、それがこの時期に矯正を開始するメリットです。一方デメリットはそのメリットはあくまで確率の話であり、確実に永久歯が正常な位置に生えてくるとは限らないことです。

乳歯と永久歯が混ざって生えている時期

乳歯と永久歯が混ざっている時期に矯正を開始すれば、永久歯を正常に並べるためのスペース作りがしやすくなり、非抜歯で矯正しやすくなるのがメリットです。
一方デメリットは第二期治療が必要なケースがあり、その場合はトータルの治療期間が長くなることです。

永久歯が生えそろっている時期

矯正の目的は最終的に永久歯の歯並びを正常にすることで、それなら永久歯が生えそろってから矯正すれば良い…これがこの時期に矯正を開始する時の考え方です。
この場合は大人の矯正と変わらないため、矯正において抜歯が必要になりやすいのがデメリットです。

…どの時期においても、その時期にしかないメリットとデメリットがあるため、自分に最も合うメリットがある時期を矯正の開始時期として考えると良いでしょう。

子供の時に矯正するメリット

大人の時によりも子供の時に矯正した方が良いと言われますが、それは子供の時に矯正すると次のメリットがあるからです。

・非抜歯で矯正しやすい
子供の時の矯正では顎の成長を促しながらの治療計画を立てられるため、永久歯のスペース作りをしやすく、そのため非抜歯で矯正しやすくなります。

・大人になった時に歯並びで悩まない
歯並びが悪ければ、大人になった時に必ず悩む時期が来るでしょう。
しかし大人になってから矯正すれば、歯並びが改善されるまで長い期間がかかります。

・虫歯になりにくくなる
矯正中に限っていえば、矯正装置を装着している期間は虫歯になりやすくなります。
しかし歯並びが改善されれば歯磨きがしやすくなり、そのため虫歯になりにくくなります。

・本格的な矯正が短期間で終わる
第一期治療で歯並びを改善することで、本格的な矯正となる第二期治療がしやすくなります。
また、第一期治療の結果次第では第二期治療が不要になることもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供と矯正治療についてまとめます。

1. 子供の矯正の年齢 :早すぎる、遅すぎるはなく、矯正したいと思った時に開始するのが最適
2. 矯正への理解 :矯正の成果を得るには、治療する本人である子供の協力が欠かせない
3. それぞれの開始時期のメリットとデメリット :乳歯の時期の矯正は永久歯が正常な位置に生えやすいなど
4. 子供の時に矯正するメリット :非抜歯で矯正しやすい、大人になった時に歯並びで悩まないなど

これら4つのことから、子供と矯正治療について分かります。
小さな子供でも年齢によって矯正は可能ですし、むしろ早く矯正した方が良いケースもあります。
このため子供の年齢は気にせずに、まずは歯科医院に行って相談してください。

もちろん、相談の結果次第で矯正を断ることもできますし、相談だけなら無料で受け付けしている歯科医院もたくさんあります。
「まずは相談」…これが子供の矯正における第一歩です。

PAGE TOP