お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

子供の矯正治療で質問です。通院は毎回保護者が付き添わなければなりませんか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

子供の矯正治療で質問です。通院は毎回保護者が付き添わなければなりませんか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「子供の矯正治療の通院」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療は治療期間が長く、その期間中は定期的な通院が必要です。

このため、矯正治療を行う場合はスケジュール管理もしなければなりません。
では、子供の矯正治療の場合はどうなるのでしょうか。
治療を受ける本人…つまり子供の通院は必要にしても、保護者の付き添いも必要になるのでしょうか。

方針は歯科医院による

子供の矯正治療の場合、通院時の保護者の付き添いの必要性は歯科医院の方針によります。
と言うのも、それについて明確な基準はなく、付き添いが必要と回答する歯科医院もあれば、
子供一人でも通院可能と回答する歯科医院もあるでしょう。

ただし、相談や診断の際は必ず保護者の付き添いが必要であり、
子供一人での通院が可能な歯科医院でも、それは通常の処置の場合でしょう。
この点については治療を受ける歯科医院に直接確認するべきです。

ちなみに、付き添いの有無について最も起こってはならないのが、
子供一人で通院した際、「今日は付き添いが必要」と言われてしまうケースです。
ですから子供一人の通院が可能な歯科医院も、付き添いが必要な場合は事前にそのことを伝えています。

できれば保護者が付き添った方が良い

例え歯科医院が子供一人での通院を認めても、できれば保護者が付き添った方が良いでしょう。
なぜなら、通常の処置の予定でもその予定どおりいかないケースがあるからです。
例えば、次のような問題が起こるケースは充分考えられます。

・虫歯の発覚
・矯正装置の破損の発覚

…虫歯が発覚した場合は治療が必要になり、そうすると矯正治療を一時中断しなければなりません。
その場合はそれに関する説明が必要ですから、保護者が付き添いの方が良いですし、
矯正装置が破損している場合においても同様のことが言えます。

子供の年齢を考慮する

子供と言っても年齢はバラバラですし、一人で通院となると子供の年齢も考慮してあげなければなりません。
一般論で言ってしまえば、小学校高学年くらいになると一人で通院する子もいますが、
小学生以下の子はもちろん、小学校低学年の子でも保護者が付き添うケースが多いですね。

ちなみに矯正治療では費用が発生するため、子供にお金を持たせることも考えなければなりません。
矯正治療は健康保険の対象ではないため、小さな子供でも医療費がそのままかかります。
また、矯正治療の費用の支払いのシステムは歯科医院によって異なります。

あらかじめ一括で支払うシステムなら通院のたびに費用を支払う必要はないですが、
処置別払い制…つまり通院するたびに費用を支払うシステムもあるのです。
子供にお金を持たせることには家族のルールもあると思うので、その点は考えておく必要があるでしょう。

子供の時に矯正治療するメリット

そもそも、保護者の付き添いのことを考えてまで子供に矯正治療するメリットはあるのか?
…そう考える人もいるかもしれません。確かに、矯正治療は大人になってからでも可能ですから、
敢えて親のスケジュールを考えてまで矯正治療するメリットはあるのかと考えてしまうのです。

そこで回答すると、矯正治療はむしろ子供の時にした方が良いとされており、
なぜなら大人になってから矯正治療することに比べて次のメリットがあるからです。

メリット1. 非抜歯で治療できる可能性が高い

矯正治療の流れは、「歯を綺麗に並べるためのスペースを作って歯を動かす」です。
大人の矯正治療ではスペース作りにおいて抜歯が必要なケースが多いのですが、
子供の場合は歯や骨を正常に成長するよう促せるため、非抜歯で矯正治療できる可能性が高いのです。

メリット2. 痛みが小さい

矯正治療では痛みを感じますが、それは歯が移動するからです。
ただ子供の歯はやわらかく動きやすいため、歯が移動する時の痛みが小さくてすみます。
痛みはどうしても感じますが、その程度の差を考えると子供の時に矯正治療した方が痛みは小さいのです。

メリット3. 大人になってから歯並びで悩まない

歯並びの見た目を気にするのは子供よりも大人です。
しかし大人になってから歯並びを改善しようとしても、矯正治療を終えるまでに一年以上はかかります。
その点、子供の時に矯正治療しておけば、大人になった時に歯並びの見た目で悩むことがありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の矯正治療の通院についてまとめます。

1. 方針は歯科医院による :保護者の付き添いの必要性についての考えは歯科医院によっても異なる
2. できれば保護者が付き添った方が良い :虫歯の発覚、矯正装置の破損などが起こっている場合のため
3. 子供の年齢を考慮する :子供の年齢によっては当然のように保護者の付き添いが必要になる
4. 子供の時に矯正治療するメリット :非抜歯で治療できる可能性が高い、痛みが小さいなど

これら4つのことから、子供の矯正治療の通院について分かります。
子供の通院のたびに保護者も付き添うとなれば、それは一見保護者も大変に思うかもしれません。
しかし通院の頻度や診療時間の長さはそれほどでもないため、実際にはそこまで苦にならないでしょう。
また、子供の年齢によっては充分一人でも通院できるため、その点は歯科医院で相談してみると良いでしょう。

PAGE TOP