お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

受験生が矯正した場合、矯正装置の違和感が受験勉強の妨げになるのでは?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

受験生が矯正した場合、矯正装置の違和感が受験勉強の妨げになるのでは?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。

今回のテーマは「受験を控えた子供の矯正治療」です。ぜひご愛読ください。

子供の矯正治療を検討する場合、日常生活への支障を考えなければなりません。

例えば空手の大会を控えた子供なら、矯正治療はその大会を終えてから開始するべきで、

なぜなら矯正装置の装着がケガの原因になってしまう可能性があるからです。

では受験生の場合はどうでしょうか。矯正装置の装着が受験勉強の妨げにならないでしょうか。

受験勉強の妨げの有無

結論から言うと、矯正治療が受験勉強の妨げになることはまずありません。

とは言え、矯正装置を装着した時の違和感には個人差があるため、その点も考慮して考えていきます。

さて、矯正治療が受験勉強の妨げになるとすれば、それは「矯正装置の装着」と「通院」でしょう。

装置の装着

矯正装置を装着すると確かに違和感がありますから、勉強に集中できなくなる人もいるかもしれません。

ただしそれは慣れによって解消できるものであり、違和感が永久に続くわけではありません。

ですから、受験直前ならともかく、受験が半年以上も先なら矯正治療を開始しても良いでしょう。

通院

通院において気になるのは、通院時の診療時間と通院の頻度だと思います。

まず診療時間ですが、これは診療内容によって異なるものの、平均すると1回の診療時間は約30分ほどです。

次に通院の頻度ですが、一般的に1ヶ月に1回ほどのため、どちらも受験勉強の妨げにはなりません。

どちらも受験勉強の妨げにはなりませんが、注意点を挙げると矯正装置の装着による違和感です。

と言うのも、違和感があれば受験勉強に集中できなくなる可能性が確かにあるからです。

このため矯正治療開始のタイミングは考える必要があり、受験直前での治療開始は避けるべきでしょう。

矯正治療の休止の提案

どうしても受験勉強に集中できないため、矯正治療を途中で中止したいという意見を聞くことがありますが、

正直それはおすすめできず、なぜならこれまでの治療の成果が全て失われてしまうからです。

それどころか、治療の途中で中止するとむしろ元の歯並びより悪くなってしまう可能性もあるのです。

治療した分の費用の返金も不可能ですし、矯正治療の中止には一切メリットがありません。

そこで提案したいのが、中止ではなく休止つまり一時的な治療の中断です。

矯正治療は事情による一時的な休止があり、その場合は後の再開が可能です。

ただし休止できる期間には限界があり、歯科医の判断にもよりますが一般的には1ヶ月~2ヶ月が限度でしょう。

これは、あまり休止の期間が長くなると歯が完全に元に戻ってしまう可能性があるからです。

また、休止した場合は当初立てた治療計画が狂ってしまうため、その点の了承は必要になってきます。

矯正治療開始のタイミングの提案

あくまで受験勉強の妨げのみを考慮して考えるなら、

矯正治療開始のベストなタイミングは中学1年生までの時期でしょう。

これについて説明すると、矯正治療の一般的な治療期間は2年ほどになっています。

このため、中学1年生の時期に矯正治療を開始すれば、本格的な受験勉強の時期には治療が終わりますし、

終わらなかったとしても既に矯正装置の装着に慣れているため、違和感が妨げになることはないからです。

もちろん、小学生の時期に矯正治療を開始しても問題ありません。

永久歯が生えそろう前に開始する小児矯正なら、本格的な矯正治療の治療期間が短くてすみますし、

そもそも、矯正治療開始のタイミングにおいて早すぎるということはありません。

そして、もちろん遅すぎるということもないのです。

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正の矯正装置つまりマウスピースは自分で取り外しできるため、

マウスピース矯正なら受験勉強の妨げにならないと考える人もいます。

しかし、マウスピースは外したい時に外して良いというものではないため、解釈には注意が必要です。

と言うのも、マウスピース矯正では1日に必要なマウスピースの装着時間が決められており、

それは1日20時間ほどになっているからです。

ですからマウスピースを外す機会は限られており、一般的には食事や歯磨きや入浴の際でしょう。

最も、こうした注意点は歯科医から直接説明があるでしょうが、

違和感を理由に受験勉強でマウスピースを外してしまうと、矯正治療の効果がなくなってしまいます。

もちろん、装着時間が守られているなら受験勉強でマウスピースを外すのは全く問題ありません。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

最後に、受験を控えた子供の矯正治療についてまとめます。

. 受験勉強の妨げの有無 :矯正装置の装着と通院は特に妨げにならず、装着の違和感は慣れで解消できる

. 矯正治療の休止の提案 :1ヶ月~2ヶ月ほどなら、一時的に矯正治療を中断することも可能

. 矯正治療開始のタイミング :中学1年生までに矯正治療を開始すれば、違和感の問題も確実に防げる

. マウスピース矯正の注意点 :取り外し可能だが、1日に必要な装着時間は1日20時間ほどになる

これら4つのことから、受験を控えた子供の矯正治療について分かります。

歯並びの悪さは改善した方が良いのは確かですが、それ自体は病気ではありません。

ですから、受験直前のタイミングなら無理してその時期に矯正治療を開始しなくても良いでしょう。

受験が終わり、勉強がひと段落ついた時点で矯正治療を開始しても遅くありません。

一方、受験が半年以上先の状態なら矯正治療を開始しても特に問題はなく、

それだけの期間があれば、受験勉強を開始した頃には矯正装置を装着する違和感は解消されるからです。

PAGE TOP