お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正治療で歯が動く仕組み|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正治療で歯が動く仕組み

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療で歯が動く仕組み」です。ぜひご愛読ください。矯正は歯並びを改善する治療であり、つまり歯を動かすことになります。

とは言え、日常生活を過ごす中で歯が動く実感がないため、どのようにして歯を動かしているのか?…言わば矯正の仕組みが気になる人も多いと思います。そこで、ここでは矯正治療で歯が動く仕組みについてお伝えします。

矯正で歯が動く仕組み

歯は歯根膜と歯槽骨に支えられており、この歯根膜は噛んだ時の力を分散させるクッション代わりです。そして、歯根膜は繊維でできているため歯に力を加えることで伸縮します。さて、歯根膜の繊維は一定の幅を維持しようとします。

ですから、矯正によって歯根膜が縮んだ場合はその箇所は細胞が周囲の骨を吸収していきますし、一方反対側の歯根膜が伸びた箇所は、細胞が骨を増やして歯根膜の幅を一定に保ちます。こうした骨の代謝を利用して、緩やかな力をかけて少しずつ歯を動かすのが矯正の仕組みです。

ちなみに、この仕組みによって動く範囲は1ヶ月で約0.3ミリであり、そのため矯正は治療を終えるまでに長い時間がかかるのです。

スペースの重要性

当然と言えば当然なのですが、矯正の仕組みを再現するために欠かせないのがスペースです。と言うのも、例え歯が動く仕組みによって歯を動かそうとしても、そのためのスペースが確保されていなければ動きようがないからです。

とは言え、歯列の文字が示すとおり歯は列になって並んでおり、歯の隣には別の歯がある状態です。このためスペースを確保できず、そこで必要になってくるのがスペース作りです。スペース作りのためには歯を削る、もしくは抜歯が必要になってきます。

矯正において大人と子供を比較した時、治療開始のタイミングとしては子供の時の方が良いと言われますが、それはスペース作りのための抜歯が必要なくなる…つまり、非抜歯で矯正できる可能性が高いからです。

歯は動く

そもそも歯は動くものであり、それも日常生活のほんのささいなことが原因で動きます。例えば舌で歯を押し出す…いわゆる舌癖の一つですが、こうした癖でも歯は動きます。実際、歯並びが悪くなる原因にはこうした癖によるものが多いのです。

歯は少しの力では動きません。ですから、動かすには大きな力がいると想像する人が多いでしょう。しかし、歯を動かすのに必要なのは強い力ではなく継続的な力です。つまり、弱い力でもその力が継続的にかかっていると歯は動いてしまうのです。

矯正の必要性

矯正は費用が高く、長い治療期間がかかります。このため決して手軽な治療ではなく、矯正の必要性に疑問を感じる人もいます。確かに歯並びが良ければ矯正の必要はないですが、歯並びが悪い場合は矯正した方が良く、その理由として次のことが挙げられます。

虫歯を予防しやすくなる

歯並びを改善すれば歯磨きがしやすくなり、そのため歯磨きの精度が高まります。磨きにくかった箇所を磨けることでプラークの蓄積を予防できますから、それは虫歯予防においてプラス効果をもたらします。

歯周病を予防しやすくなる

歯並びの悪さによって噛み合わせが悪くなると、噛んだ時に特定の歯に負担がかかります。その負担によって歯肉がダメージを受け、歯肉が炎症を起こすと歯周病になることがあります。このため、歯並びを改善して噛み合わせが改善することは歯周病の予防にもつながります。

顎関節症を予防しやすくなる

歯並びが悪いと噛み合わせが悪く、噛み合わせが悪いと顎関節症が発症しやすくなります。また、噛み合わせが悪い場合の顎関節症は重症化しやすい問題もあります。歯並びの改善によって噛み合わせも改善されれば、顎関節症を予防しやすくなります。

口元の見た目が良くなる

審美目的で矯正する人は多く、歯並びを改善すれば口元の見た目が美しくなります。歯並びを見られる機会はそうそうないと思うかもしれませんが、歯並びが悪ければ会話する時に目立ちますし、歯並びの悪さは思っている以上に目立ちます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療で歯が動く仕組みについてまとめます。

1. 矯正で歯が動く仕組み :骨の代謝を利用して、緩やかな力をかけて少しずつ動かしていく
2. スペースの重要性 :歯を動かせるスペースがないと矯正できず、そのために抜歯が必要なこともある
3. 歯は動く :そもそも歯は動く。舌癖などでも、それを継続的に行えば歯は動いてしまう
4. 矯正の必要性 :虫歯を予防しやすくなるなどの効果があり、矯正は健康面においてもプラス効果がある

これら4つのことから、矯正治療で歯が動く仕組みについて分かります。矯正では、歯は骨の代謝の力を利用して少しずつ動かします。この「少しずつ」もポイントで、これが矯正の治療期間が長い理由です。ただ、この矯正の仕組みにおいてもスペースがなければ歯は動かせず、矯正において歯を削ったり抜歯したりするのは、そのためのスペース作りが目的です。

PAGE TOP