お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

受け口なのが気になります|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

受け口なのが気になります

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「受け口について」です。ぜひご愛読ください。
受け口とは、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態を示します。

この状態になると見た目が悪くなるのはもちろん、噛み合わせも悪くなってしまいます。
正確には「反対咬合」や「下顎前突」などと呼ばれますが、
この受け口は治療すべき深刻な状態なのでしょうか。

受け口で起こる問題

見た目の悪さは想像できますが、受け口はそれ以外に次の問題が起こる原因となります。

前歯で食べ物を噛み切りづらい
下顎が前に出ていることで上顎の成長を妨げる
噛み合わせが悪くなる
「サ行」や「タ行」など、一部の言葉が発音しづらくなる
表情が硬く見える

特に注目すべき点は2つ目と3つ目で、受け口は成長期の子供にとって大きな支障になります。
また噛み合わせが悪くなると、今度はそれが原因で様々な問題を引き起こすのです。

噛み合わせの悪さで起こる問題

受け口になると噛み合わせが悪くなり、そして噛み合わせが悪くなると次の問題を引き起こします。

慢性的な肩こりや頭痛

人間は何か動作するたびにそれに関わる筋肉を使用しますが、噛む動作においても例外ではありません。
噛む時には首から肩にかけてつながる広頸筋と、顎の関節から頭の横にかけてつながる側頭筋がありますが、
噛み合わせが悪いとこれらの筋肉に影響を与え、肩こりや頭痛を引き起こしてしまいます。

歯周病になりやすい

噛み合わせが悪いと口呼吸になり、そのため口の中が乾燥状態になります。
そうなると酸素を嫌う嫌気性菌が好む環境になりますが、嫌気性菌は歯周病の原因菌です。
このため、噛み合わせが悪くて口呼吸になると歯周病になりやすくなってしまいます。

顎関節症になりやすい

顎関節症は噛み合わせが良くても起こり得る病気ですが、噛み合わせが悪いと発症のリスクの高くなります。
これは、噛み合わせが悪いことで顎関節に常に負担がかかっているのが原因であり、
しかも噛み合わせが悪い人が顎関節症になると重症化しやすくなるのです。

受け口になる原因

受け口になる原因はいくつかありますが、これらは先天的なものと後天的なものに分けることができます。
前者は生まれつきのケースであり、例えば遺伝や顎の骨の大きさが原因で受け口になります。
また、歯の大きさや病気が原因で受け口になるケースもあるでしょう。

一方、後天的なものとしてはケガによる変形などが挙げられますが、
注意すべき点として日常の癖が原因になるケースも考えられます。
例えば唇を噛む癖が長く続くことで、次第に受け口になってしまうこともあるのです。

受け口の治し方

自然に治る可能性を考えると、まずそれは小さな子供に限られてくるでしょう。
しかしその期待値は低く、例えば2歳の時点で受け口の子供が3歳で受け口が治る確率は10%程度、
3歳の時点で受け口の子供が4歳で受け口が治る確率は5%程度しかないとされています。

そこで治療して受け口を治すことを考えると、治療の基本は原因となる癖の改善や病気の治療を行い、
その上で歯並びを改善するための矯正を行うのが一般的なケースでしょう。
ただし、顎の骨と歯が酷くずれてしまっている場合は手術を必要とするケースもあります。

受け口は子供の時に治すと良い

大人になってからでも受け口の治療はできますが、メリットを考えると子供の時に治した方が良いでしょう。
矯正が必要になった場合、小児矯正なら非抜歯で矯正できる確率が高くなりますし、
子供の歯は大人の歯に比べて健康なため、虫歯の治療跡などを考慮せず矯正装置の装着が可能です。

また、何より子供の時に受け口を改善しておけば、大人になってからそれで悩むことはありません。
審美性を気にするのは年齢的に考えて子供よりも大人でしょうから、
大人になった時に既に受け口が改善されているのは大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、受け口についてまとめます。

1. 受け口で起こる問題 :前歯で食べ物を噛み切りづらい、下顎が前に出ていることで上顎の成長を妨げる
2. 噛み合わせの悪さで起こる問題 :慢性的な肩こりや頭痛、歯周病になりやすい、顎関節症になりやすい
3. 受け口になる原因 :遺伝や顎の骨の大きさなどの先天的なものと、日常の癖などの後天的なもの
4. 受け口の治し方 :自然に治る可能性は低く、原因を改善した後に矯正するのが受け口改善の基本
5. 受け口は子供の時に治すと良い :大人でも治療可能だが、子供の時に治療した方がメリットが多い

これら5つのことから、受け口について分かります。
受け口は見た目だけでなく健康面においてもマイナスの影響をもたらします。
噛み合わせの悪さは体調不良の原因になり、子供の場合は成長の妨げにもなってしまうのです。
受け口であることは病気ではありませんが、病気の原因になってしまうこともあり、
その意味で受け口は治療することをおすすめしますし、決して無視できる状態ではありません。

PAGE TOP