お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正装置を途中で変更出来ますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正装置を途中で変更出来ますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正装置の変更の可否」です。ぜひご愛読ください。
矯正は「矯正装置を装着して歯を動かす」が治療方法ですが、矯正装置には複数の種類があります。

こうした矯正装置の種類を知った上で希望の矯正装置を選択した人は良いですが、
ある矯正装置を選択して後日別の矯正装置に変えたくなった場合、それは可能なのでしょうか。
そこで、ここでは矯正中の矯正装置の変更について説明します。

矯正装置変更は可能なのか

矯正中の矯正装置の変更について、それが可能か不可能かはその歯科医院に確認してみないと分かりません。
少なくとも二つ返事で簡単に変更することはできず、それは次の理由が挙げられるからです。

費用の問題

費用が総額制の場合は、矯正前にあらかじめ全額の費用を支払っています。
そして、矯正の費用は矯正装置によっても異なるため、
総額制の歯科医院で矯正中に矯正装置の変更を希望した場合、どのような対応になるかが分かりません。

取り扱う矯正装置の問題

矯正装置には複数の種類がありますが、取り扱う矯正装置の種類は歯科医院によって異なります。
ですから、例えばブラケット矯正からマウスピース矯正への変更を希望した場合、
その歯科医院がマウスピース矯正に対応していなければその変更は不可能でしょう。

症例の問題

矯正装置を決める基準の主は症例です。
例えば、見えない矯正として人気のマウスピース矯正は対応できる症例が限られており、
マウスピース矯正に対応できない症例の人がそれを希望しても不可能です。

矯正装置を変更するケース

上記の理由から、矯正中の矯正装置の変更についてその可否をこの場で断言できませんが、
その一方で矯正中に矯正装置を変更するケースもあります。
例えば小児矯正の場合、矯正の経過に合わせて今までと全く別の矯正装置に変わります。

また、既に矯正の経験がある人は知っていると思いますが、
矯正装置は矯正の初めから終わりまで同じものをずっと使うわけではありません。
同じ種類の矯正装置でも、定期的に新品のものに交換しながら矯正をすすめていくのです。

矯正はクリニック選びが重要

矯正を希望する場合は、患者さんもあらかじめある程度の情報収集をしておくことをおすすめします。
そうすることで、今回のテーマのように矯正装置を変えたいと悩むこともなくなるでしょう。
つまり、矯正は始めが肝心であり、そのために注意すべきポイントとなるのがクリニック選びです。
そこで、クリニック選びが重要な理由を次にまとめます。

矯正は歯科医の腕や相性が重要

矯正治療は難易度の高い治療ですし、治療期間も長くかかります。
このため腕の良い歯科医に治療を受けるべきで、歯科医との付き合いも長くなることから相性も大切です。
歯科医の腕については、日本矯正歯科学会の専門医の資格に注目すると良いでしょうし、
相性を判断するには矯正前に直接歯科医院に行き、カウンセリングなどで歯科医と会話することです。

歯科医院によって取り扱う矯正装置の種類が異なる

上記でも説明しましたが、取り扱う矯正装置の種類は歯科医院によって異なります。
このため、既に希望の矯正装置がある場合はそれに対応した歯科医院で治療を受けなければなりません。
また細かいことを言えば、例えばマウスピース矯正で使用するマウスピースにも種類があり、
インビザラインを希望するなら、マウスピース矯正でインビザラインに対応した歯科医院でなければなりません。

歯科医院によって矯正の費用が異なる

矯正は自由診療ですが、自由診療の費用は歯科医院が自由に設定できることになっています。
このため、矯正の費用は歯科医院によって異なり、費用の支払いのシステムにも種類があります。
もちろん、費用が異なると言ってもある程度の相場は決まっています。
しかし、予算重視で少しでも安く矯正を行うのであれば、複数の歯科医院で費用を比較すべきでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正装置の変更の可否についてまとめます。

1. 矯正装置の変更は可能なのか :可否の断言はできず、そもそも症例が理由で変更できないこともある
2. 矯正装置を変更するケース :例えば小児矯正では矯正の経過に合わせて全く別の矯正装置を使用する
3. 矯正はクリニック選びが重要 :歯科医の腕や相性も大切だし、取り扱う矯正装置の種類も異なる

これら3つのことから、矯正装置の変更の可否について分かります。
矯正前の段階であれば、矯正装置の変更の可否を知るよりも、
そう思ってしまう事態にならないためのポイントを知っておいた方が良いですね。

事情によっては矯正装置の変更ができるかもしれませんが、それが確実にできると断言できないですし、
費用の違いなどからも、少なくともスムーズに矯正装置を変更することは不可能でしょう。
こうした問題が起こらないためにも、矯正前の情報収集やクリニック選びが重要なのです。

PAGE TOP