お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

子供の時に矯正すると、大人になってから元に戻ってしまうのですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

子供の時に矯正すると、大人になってから元に戻ってしまうのですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「子供の矯正における認識」です。ぜひご愛読ください。
子供の時に矯正を経験した人の中で、大人になったら元に戻ったという人がいます。

本当にそうだとしたら、子供の時に行った矯正の効果が一時的ということになりますし、
それなら大人になってから矯正すれば良いという結論になってしまいますね。
さてこの問題ですが、解決するには子供の矯正について深く認識する必要があります。

小児矯正の目的

子供の矯正…すなわち小児矯正では、歯並びを改善することだけを考えているわけではありません。
と言うのも、年齢的にまだ乳歯の状態ですから、今後生えてくる永久歯が正常な位置に生えるよう、
顎の成長を正常に促すなどして、永久歯の歯並びが悪くならないことも考えて矯正します。

例えるなら、歯並びの悪さという症状を治療するのが大人の矯正であり、
一方小児矯正ではそうならないための治療…つまり予防治療というのが小児矯正の位置付けです。
このような小児矯正の目的を忘れてしまうと、後に問題が起こってしまいます。

第一期治療と第二期治療

小児矯正の場合、矯正を第一期治療と第二期治療に分けて行います。
第一期治療は上記で説明したとおり、永久歯が正常な位置に生えることを促す治療であり、
その成果によっては目的どおり永久歯が正常に生えそろい、第二期治療を必要としないケースがあります。

しかし、目的どおりにならないこともあります。確かに、第一期治療を行っている以上、
永久歯はほぼ正常な位置に生えてくるでしょう。しかし「ほぼ正常」では完全な矯正とは言えず、
最終的には「正常」にしなければなりません。そして、そのために必要なのが第二期治療です。

適切な治療と判断

さて、「子供の時に矯正したのに大人になってから元に戻る」…これが起こった場合にまず考えられることが、
その小児矯正は果たして適切な治療と判断をしていたのかという点です。
例えば、第二期治療を必要ないと判断したケースが挙げられます。

第一期治療を行い、そこで第二期治療は必要ないと間違った判断をした場合、
最終的に満足な歯並びになっておらず、後に「矯正したのに変わっていない」と思ってしまうでしょう。
他には保定装置を疎かにした可能性も考えられ、保定装置を装着しなかったことで後戻りしたケースです。

歯並びが悪くなった原因と癖

そもそも、小児矯正が必要なほど歯並びが悪いのであれば、その原因は何なのでしょうか。
これは遺伝的な要素も絡んできますが、ここで問題なのは「癖」によって歯並びが悪くなったケースです。
例えば、「唇を噛む」や「口呼吸」の癖で受け口になってしまったケースを例にして考えてみましょう。

確かに、小児矯正を行うことで受け口は改善できるかもしれませんが、
その原因となっていた癖が改善されていなければ意味がありません。
再び同様の癖が出て矯正したのにまた歯並びが悪くなる…つまり、元に戻ってしまうケースがあるのです。

「子供の時に矯正しても大人になると元に戻る」の認識違い

結論から言って、間違いのない小児矯正を行えば、大人になってから元に戻ることはありません。
事実戻ってしまったのであれば、それには原因があり、治療と判断の仕方に問題があったのです。
第二期治療を怠った、保定装置を怠った、治療と判断の問題としてこのようなことが考えられるでしょう。

また、日常生活の癖が原因で歯並びが悪くなった場合、その癖も改善しなければ再び歯並びが悪くなります。
子供の時に矯正して大人になってから元に戻ったのであれば、こうした可能性が考えられ、
無条件で「小児矯正をしても大人になったら元に戻る」と考えるのは認識違いです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の矯正における認識についてまとめます。

1. 小児矯正の目的 :永久歯が正常な位置に生えるように顎の成長を促す。要するに予防治療の一面がある
2. 第一期治療と第二期治療 :小児矯正は、基本的に第一期治療と第二期治療に分けて行う
3. 適切な治療と判断 :例えば保定装置の装着を怠れば、矯正しても後戻りが起こってしまう
4. 歯並びが悪くなった原因と癖 :癖が原因で歯並びが悪くなった場合、癖も改善しなければならない
5. 「子供の時に矯正しても大人になると元に戻る」の認識違い :元に戻るのは必ずその原因がある

これら5つのことから、子供の矯正における認識について分かります。
正常な治療を行えば、小児矯正の成果が大人になってから失われることはありません。
その意味では、矯正を希望する時には信頼できる歯科医の元で治療を受けるべきです。

そのためには、専門医の資格・矯正歯科の口コミなどを参考にすると良いでしょう。
また、矯正歯科では無料で相談を受け付けているところも多く、
ささいなことでも疑問点があれば、そのような相談のサービスを積極的に利用するのもおすすめです。

PAGE TOP