お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

子供が受け口ですが、まだ乳歯です。今から矯正するのは早いですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

子供が受け口ですが、まだ乳歯です。今から矯正するのは早いですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「受け口の子供の矯正」です。ぜひご愛読ください。
口元の見た目が気になるのであれば、矯正することで改善可能です。

例えば受け口の場合も矯正による改善が可能ですが、ただそれが子供の場合だと親は悩むでしょう。
特にまだ乳歯の状態なら、いずれ受け口は自然に治るかもしれないと思うでしょうし、
矯正を検討するにしてもそのタイミングで悩んでしまうのです。

子供の受け口に対する二つの意見

小さな子供の受け口を改善するために歯科医に相談した場合、おそらく意見は次の二つに分かれるでしょう。

  • すぐに矯正するべき
  • まだ様子を見るべき

つまり、「すぐ矯正した方が良い」と意見する歯科医もいれば、
「まだ様子を見るべき」と意見する歯科医もいます。
全く対称的な二つの意見ですが、実はどちらの見解も間違っておらず、最終的には親の判断になるのです。

「すぐに矯正すべき」と意見する歯科医の見解

まだ子供が乳歯の状態であれば、永久歯に生え変わるタイミングで受け口が改善されるかもしれません。
ただ、それは「かもしれない」と確率の話であり、確実に改善されるとは言い切れないのです。
だからこそ、確実に改善するために今から矯正すべきと考えるのが、この場合の見解です。

「まだ様子を見るべき」と意見する歯科医の見解

子供が乳歯の状態なら、永久歯に生え変わるタイミングで受け口が改善されるかもしれないですし、
仮に矯正で受け口を改善しても、顎の骨の成長の仕方次第で再び受け口になるかもしれません。
ですから、ひとまず様子を見て改善されなかった時に矯正すれば良いと考えるのが、この場合の見解です。

…簡単に言えば、受け口が自然に治る可能性があるためそれに期待しようと考える歯科医と、
自然に治る可能性があってもあくまでそれは可能性の話…確実に矯正で改善と考える歯科医がいるのです。
つまりどちらの見解も間違いではなく、そのため親が最終判断をしなければなりません。

受け口改善のための矯正の最適な開始時期

一般的な見解で言えば、子供の受け口改善のための矯正の最適な開始時期は6歳~10歳までの間でしょう。
歯の状態としては前歯が永久歯に生え変わるくらいの時期であり、
成長期であるこの時期に矯正を開始すれば、舌を正しく運動させて顎の成長を正常に促すことが可能です。

最も、それより早いタイミングでの矯正が間違っているわけでもなく、
例えば3歳で矯正を開始すれば、小学校に入学するまでに受け口を改善できますからね。
ですから、その時点で受け口を改善したいこだわりがあれば3歳を目途に矯正を開始すべきでしょう。

ただ矯正は費用も高く、決してお手軽な治療ではないですし、子供にも負担がかかるのは間違いありません。
このため、急いでいるのでなければひとまず様子を見て自然に改善されることを期待、
それが無理だった場合は10歳までに矯正を開始する…無難な判断なのはこの流れでしょう。

受け口を引き起こす日常の癖

そもそも、受け口の子供は何が原因で受け口になったのでしょうか。
もちろん先天的なものである可能性もありますが、日常生活が原因で受け口になった可能性もあり、
具体的には日常生活における次のような癖が受け口を引き起こすケースがあるのです。

  •  指しゃぶり
  •  口呼吸
  •  頬杖

…このような癖で受け口になった場合、矯正だけに頼ってしまうと例え改善してもまた受け口になり、
受け口の原因となった癖も改善しなければ、何度矯正しても癖によって再び受け口になってしまいます。

小児矯正をした人の中には、大人になると元に戻ってしまうと言う人もいますが、
こうした癖が原因で受け口になって矯正した場合は、癖もなおさなければまた受け口になってしまうのです。

受け口であることの問題

受け口になると、どんな問題があるのでしょうか。口元の見た目が悪くなるのは分かると思いますが、
それだけでなく健康面においても次のような問題をもたらします。

肩こり・頭痛

受け口になると噛み合わせが悪くなり、噛み合わせが悪くなると噛む筋肉に悪い影響をもたらします。
首から肩にかけてつながる広頸筋と、顎の骨から頭の横にかけてつながる側頭筋、
これらの筋肉が悪い影響を受けることで、慢性的な肩こりや頭痛が起こります。

虫歯

受け口になれば歯並びも悪くなるでしょう。
歯並びが悪いと歯磨きがしづらいですから、そのため磨き残しは多くなります。
そうするとプラークが口の中で停滞し、虫歯になりやすくなってしまうのです。

歯周病

受け口になると口呼吸になり、口呼吸になると口の中が乾きます。
いわゆる乾燥状態になってしまい、口の中が乾燥状態になると嫌気性菌の働きが活発になるのです。
嫌気性菌は歯周病の原因菌ですから、つまり歯周病になるリスクが高くなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、受け口の子供の矯正についてまとめます。

1. 子供の受け口に対する二つの意見 :「すぐ矯正すべき」、「様子を見るべき」の意見がある
2. 受け口改善のための矯正の最適な開始時期 :一般的には6歳~10歳
3. 受け口を引き起こす日常の癖 :指しゃぶり、口呼吸、頬杖など
4. 受け口であることの問題 :肩こりや頭痛、虫歯、歯周病

これら4つのことから、受け口の子供の矯正について分かります。
まず矯正を検討する上で考えなければならないのは、「自然に治るのを期待するか、確実に改善するか」です。
前者の場合は6歳頃まで様子を見て、改善される見込みがなければ矯正に踏み切れば良いでしょう。
後者の場合は3歳からでも矯正は可能であり、小学校に入学するまでに改善が可能です。
どちらの選択も間違っておらず、これを判断するのは親になります。

PAGE TOP