お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正中に食べてはいけないものはありますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正中に食べてはいけないものはありますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正中の食事」です。ぜひご愛読ください。
矯正中は矯正装置を装着するため、食事が気になる人が多いと思います。

ちなみに、基本的には矯正中の食事制限はないのですが、
ただ矯正装置を装着している以上、できるだけ避けた方が良い食べ物があることも事実です。
そこで、ここでは矯正中に控えた方が良い食べ物について、その理由も含めて説明します。

糖が含まれているもの

矯正中は虫歯になりやすく、なぜなら矯正装置の装着によって歯磨きがしづらいからです。
また、食べ物が矯正装置に付着することもあり、これらの点で口の中を清潔に保ちにくくなっています。
そうなると虫歯になるリスクが高まるのですが、糖は虫歯の原因菌にとって好物となるのです。

ただでさえ矯正中は虫歯になりやすい上、糖を摂取すればそのリスクはさらに高まってしまうでしょう。
このため、矯正中で糖が含まれている食べ物はできるだけ避けた方が良く、
お菓子などを食べる時はその点に注意して食べ物を選ぶべきでしょう。

カレー

カレーを食べても矯正に影響はないのですが、問題はカレーが矯正装置に付着して着色することです。
言わば審美面の問題で、カレーが着色した矯正装置は人から見るととても清潔には見えず、
元々気になりやすい矯正装置の見た目がさらに気になってしまうようになります。

最も、カレーについては厳禁と言うわけではなく、なぜなら矯正装置は定期的に交換するからです。
つまり、矯正装置にカレーが着色してもそれは後日新品のものと交換できますから、
矯正中ずっとカレーの着色した矯正装置を装着しなければならないわけではありません。

ガム

やわらかいという点では問題ないですが、ガムを噛むと矯正装置にくっついてしまいます。
元々、ガムは気を紛らわす目的で噛む人が多いと思いますが、
すぐに矯正装置にくっついてしまうため、むしろ噛むことで気になってしまうでしょう。

特に糖の含まれたガムは虫歯になるリスクを高めますし、
矯正装置にくっつくとなかなか綺麗に取ることはできません。
食事という食事ではないので控えても全く問題ないですし、矯正中のガムは我慢した方が良いでしょう。

かたい煎餅

あまりかたい食べ物を噛むと、矯正装置が破損してしまう可能性があります。
このため、かたい煎餅などは食べない方が良いですし、
煎餅に限らずやはりかたいと感じる食べ物は控えた方が良いでしょう。

最も、食べ方を工夫すれば安全に食べることも可能であり、
例えば「小さく砕いてから食べる」、「噛む力の強い奥歯で噛む」などを意識すれば食べられます。
とは言え、煎餅もやはりお菓子ですから、できるだけ控えるようにしてください。

麺類

麺類は矯正装置に絡まるため、食べることで不快感が気になってしまう人もいます。
また、絡まることで矯正装置にも引っ掛かり、食べカスとして残りやすく虫歯の原因にもなるでしょう。
ただ、自宅で料理するのであれば対処次第で食べることも可能です。

例えば細かく刻むなど、矯正装置に絡まらない工夫をしてください。
一方、飲食店で食べる場合は麺が絡まることも不快感だけでなく、
実際に矯正装置に引っ掛かるとそれが目立って不潔に見えてしまいます。

マウスピース矯正の場合

マウスピース矯正なら、食事の時にマウスピース…すなわち矯正装置を外せるため、
一見食事における注意点は皆無に思えるかもしれません。
しかし、マウスピース矯正の場合も極端にかたいものを食べるのは避けた方が良いでしょう。

と言うのも、その場合天然の歯がダメージを受ける可能性があり、
歯質が欠けてしまうことでマウスピースが適合しなくなってしまうかもしれないからです。
また、顎にも負担がかかり、それが矯正に悪影響をもたらすこともあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正中の食事についてまとめます。

1. 糖が含まれているもの :矯正中は歯磨きがしづらく、虫歯になるリスクが普段よりも高くなるため
2. カレー :矯正装置に着色するため見た目が悪くなる。最も、矯正装置は定期的に交換する
3. ガム :矯正装置にくっつき、さらに取るのも難しい。糖が含まれたガムは虫歯になるリスクも高める
4. かたい煎餅 :矯正装置が破損する可能性がある。小さく砕くなどの工夫で食べることも可能
5. 麺類 :矯正装置に絡まるので食べづらく、不快感をもたらす。絡まると見た目も悪くなる
6. マウスピース矯正の場合 :かたいものを食べると歯質が欠け、マウスピースが合わなくなることがある

これら6つのことから、矯正中の食事について分かります。
矯正には明確な食事制限はないものの、避けた方が良い食べ物があります。
好きな食べ物を我慢するのはつらいですが、もちろんそれは一時的なことであり、
矯正が終われば再び食べられるようになります。治療を成功させるためにも、できるだけ我慢してください。

PAGE TOP