お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正の終了後は何もしなくてよいのですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正の終了後は何もしなくてよいのですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「保定装置と保定期間」です。ぜひご愛読ください。
長い期間をかけて歯を動かす矯正ですが、動かした歯は元の位置に戻ろうとします。

これは後戻りと呼ばれる現象で、せっかく動かした歯も元の位置に戻ってしまい、戻るどころか以前より歯並びを悪くさせてしまう可能性すらあるのです。
そうならないよう、矯正後は保定装置を装着した保定期間で後戻りを防ぎます。

保定装置の装着

矯正後は保定装置を装着して後戻りを防ぎます。この保定装置は歯に装着する仕様になっており、
その意味では矯正装置のようなものとイメージすると分かりやすいでしょう。
ちなみに矯正装置にはいくつか種類がありますが、保定装置にも次の種類のものがあります。

マウスピースタイプの保定装置

矯正で使用するマウスピースのように、自分で取り外しができるタイプです。
ただ「見えない矯正」のマウスピース矯正と違い、保定装置のマウスピースは目立つものもありますが、
一方で審美性の高さにこだわった目立たないタイプのものもあります。

取り外しできるのがこの保定装置の大きなメリットですが、人によってはそれがデメリットにもなるでしょう。
と言うのも、取り外しできる以上は外した時に紛失に注意しなければならないですし、
その気になれば装着をサボれてしまうため、そうなると保定装置の効果が失われてしまいます。

ワイヤータイプの保定装置

矯正装置をイメージするとワイヤータイプは目立つように思えますが、
保定装置の場合は歯の裏側に装着するので目立ちにくく、審美性の高さはマウスピースタイプ以上です。
この目立ちにくさこそワイヤータイプのメリットと言えるでしょう。

取り外しできないため、外した時の管理が不要な点も気楽ですし、装着したまま生活しても問題ありません。
ただ、矯正装置同様にワイヤータイプの保定装置だと歯磨きがしづらく、
そのためマウスピースタイプに比べて虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

保定期間について

保定装置を装着して後戻りを防ぐ期間を保定期間と呼びます。
では、保定期間についての質問で多いものをピックアップして回答していきます。

保定期間の長さはどのくらい?

個人差があるのでハッキリとは断言できませんが、一般的には1年~3年ほどになります。
最も、保定装置の装着時間は期間が経つほど短くてすむようになり、
最初は長時間の装着が必要になりますが、必要な装着時間は徐々に短くなっていきます。

保定期間の治療もお金がかかる?

総額制の支払いシステムの矯正歯科なら、大抵は矯正の費用の中に保定期間の費用が既に含まれています。
ただし、処置別払い制の支払いシステムの矯正歯科もありますし、この点は直接確認するのが確実でしょう。
また、保定期間中に虫歯になった場合などは、そのための治療費は別途必要になります。

保定期間の通院の頻度はどのくらい?

担当の医師の方針や見解によって違いがありますが、一般的には1ヶ月に1回の通院が必要です。
最も、これは保定期間に入って間もない時期の話であり、
期間が経過すれば頻度は少なくなり、数ヶ月に1回程度の通院ですむようになります。

保定期間を無視した時の問題

保定期間は矯正に必要な治療とも言い換えることができ、保定期間が終わって初めて矯正は完成します。
ですから、例えば2年の保定期間を経たとしても、3年の保定期間が必要な場合は後戻りが起こるでしょう。
実際に保定期間を無視して通院を止めてしまえば、矯正の成果は全て失われてしまいます。

そうなると、これまでの長い治療期間も支払った費用も全てムダになってしまいますし、
歯並びにおいては、むしろ矯正前の歯並びの状態よりも悪くなってしまうこともあるほどです。
矯正で改善した歯並びを維持するには、保定期間は絶対に無視してはいけません。

ちなみに、矯正を受ける時には矯正歯科の選び方にもこだわると思いますが、
1つ参考とすべきなのが「矯正後の保定期間を大切にしている矯正歯科であること」です。
保定期間を軽視する矯正歯科だとケアを大切に考えておらず、そこで矯正を受けるのはおすすめできません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、保定装置と保定期間についてまとめます。

1. 保定装置の装着 :矯正後は保定装置を装着して後戻りを防ぐ。ちなみに、保定装置には種類がある
2. 保定期間について :一般的に期間は1年~3年。通院の頻度は期間が経つ中で徐々に少なくなっていく
3. 保定装置を無視した時の問題 :後戻りが起こり、むしろ矯正前よりも歯並びが悪くなってしまうことがある

これら3つのことから、保定装置と保定期間について分かります。
大人の矯正であれ子供の矯正であれ、ブラケット矯正であれマウスピース矯正であれ、
矯正した後には必ず保定期間が必要となり、期間中は保定装置を装着した生活をしてください。
これを怠ると後戻りが起こってしまい、せっかくの矯正の成果が全てムダになってしまうのです。

PAGE TOP