お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

マウスピース矯正について質問があります|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

マウスピース矯正について質問があります

東京都三田の矯正歯科・顎変形症治療専門の鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「マウスピース矯正についてのQ&A」です。ぜひご愛読ください。
近年、矯正を希望する人が増加傾向にあるのはマウスピース矯正の登場が理由の一つでしょう。

見えない矯正と呼ばれるマウスピース矯正はブラケット矯正に比べて審美性が高く、
矯正装置を装着した際の見た目が気にならなくなり、そのため矯正を希望する人が増えたのです。
そこで、マウスピース矯正に興味がある人に向けてマウスピース矯正におけるQ&Aをまとめました。

Q1. 自由に外せるというのは本当?

A1. 本当ですが、1日20時間の装着が必要です

マウスピース矯正の矯正装置…すなわちマウスピースは自分で取り外しできますが、
ただ好きな時に好きなだけ外せるというわけではありません。
基本的には1日20時間ほどの装着が必要であり、これを守らなかった場合は矯正の効果が得られません。

外すタイミングとしては食事や歯磨きの時に限られるため、
外出時に外せると考えていた人にとっては少々イメージと違うと思えてしまうでしょう。
しかし、食事や歯磨きの時に矯正装置を外せることは、ブラケット矯正に比べて快適です。

Q2. マウスピース矯正はどんな人でもできる?

A2. 難しい症例の場合は対応できません

マウスピース矯正は、歯を動かす力においてはブラケット矯正に劣ります。
そのため、凸凹した歯並びのような難しい症例には対応できず、
その場合は従来のブラケット矯正で対応するしかありません。

また、マウスピース矯正に限らず、虫歯や歯周病がある人はまずこれらの治療が優先となり、
矯正を開始できるのは虫歯や歯周病を治した後になります。
つまり、難しい症例の場合や虫歯や歯周病がある人はマウスピース矯正ができません。

Q3. マウスピース矯正は治療期間が短くてすむ?

A3. 治療期間が短いのは、難しい症例でないためです

マウスピース矯正はブラケット矯正に比べて治療期間が短くてすみますが、
それはマウスピース矯正だと歯を早く動かせるという意味ではありません。
上記の説明と重複しますが、そもそもマウスピース矯正では難しい症例に対応できないのです。

簡単な症例であれば難しい症例に比べて治療期間が短いのは当然であり、
つまりマウスピース矯正の治療期間が短いのは、元々難しい症例ではないためです。
そのため、「マウスピース矯正=治療期間が短い」、「ブラケット矯正=治療期間が長い」の解釈は間違いです。

Q4. マウスピース矯正はどの歯科医院でも受けられる?

A4. マウスピース矯正に対応した歯科医院に限られます

まず矯正自体が一般歯科で対応できないケースが多く、矯正歯科での対応となります。
さらに、矯正歯科でも対応した矯正装置は医院ごとで異なるため、
マウスピース矯正を希望するならマウスピース矯正に対応した歯科医院でなければなりません。

また、細かく言うとマウスピースにも種類があり、取り扱うマウスピースもまた医院によって異なります。
一般的なものはインビザラインやアソアライナーと呼ばれるタイプで、
どの矯正歯科がどのマウスピースを取り扱っているのかは直接確認しなければ分かりません。

Q5. 見えない矯正とはマウスピース矯正のこと?

A5. マウスピース矯正と裏側矯正が該当します

マウスピース矯正は見えない矯正と呼ばれていますが、他にも裏側矯正がこれに含まれます。
裏側矯正とは従来のブラケットを裏側に装着する方法で、
ブラケット矯正であるためマウスピース矯正に比べて幅広い症例への対応が可能です。

ただし、裏側矯正は舌側に矯正装置を装着することから、
発音がしづらくなるなどの独自の欠点もあるので注意してください。
とは言え、矯正装置が目立たない点ではマウスピース矯正同様に審美性で悩むことはありません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、マウスピース矯正についてのQ&Aについてまとめます。

Q1. 自由に外せるというのは本当? :外せるが装着時間が決められており、1日20時間ほどの装着が必要
Q2. マウスピース矯正はどんな人でもできる? :凸凹した歯並びのような難しい症例には対応できない
Q3. マウスピース矯正は治療期間が短くてすむ? :難しい症例に対応できない分、治療期間は短めになる
Q4. マウスピース矯正はどの歯科医院でも受けられる? :マウスピース矯正に対応していることが条件
Q5. 見えない矯正とはマウスピース矯正のこと? :マウスピース矯正だけでなく裏側矯正も含まれる

これら5つのことから、マウスピース矯正についてのQ&Aについて分かります。
マウスピース矯正に限らず、矯正においては治療に対する不明点や疑問点が多々あると思いますが、
そういう場合はぜひ矯正歯科の無料相談を利用してください。
多くの矯正歯科では、こうした矯正に関する不明点や疑問点をお答えする無料相談を行っており、
その時の医師の回答次第で治療を受ける、もしくは断るといった選択が可能です。

PAGE TOP