お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正治療は痛いですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正治療は痛いですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正治療における痛みの有無」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療は治療期間が長く、さらにその間は矯正装置をつけなければなりません。

そこで患者さんとして気になるのが痛みの有無です。
特に矯正治療は痛いという人もいれば痛くないという人もいるため、
これから矯正治療を受けようと考えている人にとっては、尚更痛みの有無が気になるでしょう。

ここでは矯正治療の痛みの有無をテーマにして、治療の過程で痛む場面について説明していきます。

矯正装置の痛み


特にワイヤー矯正の場合、痛みを感じる人が多いとされています。
そもそも歯を動かそうとしているわけですから、どうしても痛みを感じてしまうのは仕方ありません。
最も、矯正装置をつけることの痛みは装置をつけて一定期間で治まります。

ただし矯正装置は定期的に交換する必要があり、交換直後は毎回痛みを感じてしまいます。
痛みを抑える方法としてはマウスピース矯正なら比較的痛みは少ないとされていますが、
マウスピース矯正の場合は対応できる症例に限りがあるため、歯並びの状態によっては対応できません。

抜歯の痛み

あくまで一時的なものですが、矯正治療の痛みの中には抜歯の痛みも含まれます。
と言うのも、矯正治療を行う際は大抵の場合抜歯が必要になるからです。
成長を終えた永久歯の歯並びの改善には、抜歯をして歯を綺麗に並べるスペースの確保が必要だからです。

この抜歯は虫歯や歯周病の抜歯と同じ方法で行うため、当然麻酔を使用します。
このため、実際には抜歯でそれほど痛むことはないでしょう。
麻酔が切れた後は痛みを感じることがありますが、それは痛み止めで対処が可能です。

口内炎の痛み

矯正治療中は口内炎が頻繁にできてしまうことがあります。
これは、矯正装置をつけることで口の中の粘膜を傷つけてしまうことが原因とされています。
特にワイヤー矯正の場合は矯正装置に金属が使用されているため、傷つける割合が高くなってしまうのです。

口内炎を予防するにはマウスピース矯正が効果的とされており、
金属を使用していないマウスピースなら粘膜を傷つける心配はないからです。
マウスピース矯正でも痛みを感じることはありますが、口内炎ができやすいリスクは回避することができます。

虫歯の痛み

一見矯正治療の痛みと無関係に思えますが、実はそうではありません。
と言うのも、矯正治療中は虫歯に掛かりやすいからです。ワイヤー矯正は歯にしっかりと固定してつけるため、
どうしても歯磨きがしづらくなって精度が落ち、虫歯を引き起こす危険性が高くなってしまいます。

また、矯正治療中は基本的に虫歯の治療もできません。
このため、中には虫歯を発生させて痛みを招いてしまう人も少なくないのです。
この場合もマウスピース矯正が効果的で、歯磨き時に取り外せるため不自由ない丁寧な歯磨きが可能です。

日常生活の痛み

矯正治療中は日常生活の中で痛みを感じる場面があります。
まず矯正装置の交換直後はどうしても痛みを感じますし、食事の際に噛む動作をすることで痛む人もいます。
さらに噛み合わせが不安定になっているため、それが原因で頬を噛んでしまうこともあります。

ただし、これらの痛みはある程度防ぐことも可能です。
上記で説明したようにマウスピース矯正なら食事の際に外せますし、
ワイヤー矯正でも慣れによって頬を噛むクセをなくすことができるでしょう。

痛む時の対処方法

矯正治療によって上記のような痛みを感じることがありますが、
痛みの内容によっては予防や対処する方法も存在します。
ちなみに痛む際の対処として一般的なのは痛み止めを飲むことです。

市販のもので構わないので、痛み止めを飲むことで矯正治療の痛みも治まります。
また、ワイヤー矯正の場合はホワイトワックスという粘土状のワックスを使用することで擦れる痛みを防げます。
さらに噛む痛みを抑えるために、比較的やわらかいものを食べる工夫も効果的です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療における痛みの有無についてまとめます。

1. 矯正装置の痛み :装着直後は痛みを感じる。徐々に慣れるが新品のものに交換するとまた痛みを感じる
2. 抜歯の痛み :矯正治療において抜歯が必要になることがある。麻酔を使用するので実際の痛みは小さい
3. 口内炎の痛み :ワイヤー矯正は口の粘膜を傷つけやすく、それが原因で口内炎ができやすい
4. 虫歯の痛み :ワイヤー矯正は歯磨きしづらいため、虫歯が起こりやすくなってしまう
5. 日常生活の痛み :噛む動作で痛みを感じることや、噛み合わせが不安定で頬を噛んでしまうことがある
6. 痛む時の対処方法 :基本は痛み止めを飲むこと。ワイヤー矯正にはホワイトワックスも効果的

これら6つのことから、矯正治療における痛みの有無が分かります。
矯正治療の痛みの主となるのは、歯を動かすことによる痛みです。
このため、痛むと言っても進行した虫歯のような激痛を感じることはありません。

また痛みへの対処方法も充実しているので、予測範囲の痛みならある程度抑えることができます。
ちなみに痛む機会をできるだけ減らしたいなら、マウスピース矯正を検討すると良いでしょう。
これによって口内炎や食事で噛む時の痛みを予防することができます。

PAGE TOP