お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

目で見てわかる症例|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993

目で見てわかる症例

凸凹な歯並び

  • 歯列が凸凹している
  • 歯に食べカスが残りやすい
  • 八重歯になっている
  • 笑うと犬歯が唇にひっかかる

歯が凸凹に生えたり、重なったりするのは、アゴの大きさと歯の大きさがアンバランスだからです。
このような状態は「叢生(そうせい)/乱杭歯、八重歯」が考えられます。

歯磨きがしづらくなり、虫歯や歯肉炎を起こしやすくなるのが特徴です。
歯周病を発症すると、年齢に関係なく歯を失う可能性があるので早期の治療をお勧めします。

受け口

  • 上の歯列よりも下の歯列が前に出ている
  • アゴがしゃくれている
  • 下アゴが発達しすぎている
  • 食べ物が上手く咬めない
  • 言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

学術的には「反対咬合(はんたいこうごう)」と呼ばれる症状です。
受け口は遺伝的な要因が影響していると言われますが、上唇を吸い込んだり、舌を突き出したりする、幼い頃の舌や唇の癖が原因となることもあります。

いくつになっても治療はできますが、早期の治療をお勧めします。

出っ歯

  • 下の前歯よりも上の前歯が、極端に前に出ている
  • 上唇が上ったままで、口を閉じにくい
  • 口を閉じると、顎(アゴ)にしわができる

上顎前突(じょうがくぜんとつ)、いわゆる出っ歯の原因には「前歯の傾斜が強すぎる」「上アゴが成長し過ぎている」「下アゴの成長不足」「指しゃぶりの癖」などが考えられます。
また、鼻の疾患があり、口で呼吸をしている子供にも多く見られる症状です。

出っ歯は見た目の印象が悪くなるだけでなく、口が閉じにくいため口の中に外気が入りやすくなります。
そのため、細菌感染や粘膜に慢性炎症を引き起こしやすくなり、歯肉炎や扁桃腺炎等の発症が心配されます。

咬み合わせが深い

  • 咬み合わせると上の前歯が深く下の歯を隠してしまう

咬み合わせが深すぎる状態のことを「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」といいます。
一番の原因は遺伝ですが、乳歯を早い時期に失ったり、虫歯による奥歯の欠損放置も影響するとされています。

笑ったときに上アゴの歯肉が見え過ぎたり、下の前歯が上アゴの内側の歯肉を傷つけて炎症を起こしたりすることもあります。
下アゴにストレスをかけ続けるため、顎関節症などアゴのトラブルを引き起こすことも少なくありません。

前歯が咬み合わない

  • 口を閉じると上下の前歯の間に隙間ができる
  • 舌を前方に突き出す癖がある

このような状態を「開咬(かいこう)/オープンバイト」といいます。
考えられる原因は遺伝ですが、その他に、幼児期の指しゃぶりや舌を突き出すなどの癖、口呼吸などが影響するとされています。

奥歯で咬んだ時に上下の前歯がかぶさらないため、前歯で食べ物を上手く咬み切れません。
そのため、横の歯で咬み切るようになります。
また、発音しづらく、言葉が不明瞭で聞き取りにくいこともあります。

すきっ歯

  • 歯と歯の間に隙間がある
  • サ行などが発音しにくい

すきっ歯の原因は「アゴと歯の大きさがアンバランス(歯が小さい、アゴが大きいなど)」「歯が足りない」「舌の圧力で歯並びが広がってしまう」などが考えられます。

6歳頃にみられる正中離開(上の前歯の真ん中のすき間)にもこのような原因が考えられますが、発育段階に起きる一時的な隙間はまったく心配ないケースもあります。
まずはお気軽にご相談ください。

PAGE TOP