お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

料金について|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

料金について

治療に入る前までにかかる費用

  

初診相談料

  

初診ならびに矯正相談。口腔内を診査し、矯正相談をお受けします。

3,000円/30分

  

精密検査料

  

口腔模型、顔面規格写真、口腔内写真、レントゲンオルソパントモグラム、レントゲンセファログラム、身体測定などの項目が含まれます。

50,000円

  

診断料

  

矯正歯科・指導医、認定医による適確な診断が行われます。矯正歯科治療を受ける上で診断の適否が最も重要です。診断しだいで治療結果に大きな差がでてきますの御注意ください。

左記に含まれる

成人矯正の費用

  

表側矯正

  

最もよく使われている矯正装置です。金属もしくは半透明の装置を選ぶことができます。

800,000円~

  

裏側矯正

  

歯の裏側に矯正装置を装着します。

  

上下とも裏側からの舌側矯正 1,200,000円~

上は裏側、下は表側からの矯正 1,000,000円~

  

部分的な矯正

  

歯の一部のみ矯正を行います。

歯数により 150,000円~

  

マウスピース矯正 (クリアアライナー)

  

うすい透明のマウスピース型の矯正装置を使用します。見た目はつけているのがほとんどわかりません。

800,000円~

お子さまの矯正費用

乳歯が残っている場合に行う矯正治療です。既に永久歯に生え変わっている場合は成人矯正になります。

  

第1期治療

  

予防矯正、乳歯と永久歯が混じっている場合の矯正治療です。

350,000円~

  

第2期治療費

  

第1期治療の後、永久歯の仕上げに行う矯正治療です。

上記成人治療費用から
第1期治療費を引いた金額

  

ムーシールド

  

低年齢児の受け口治療に使用可能な矯正装置です。

70,000円

処置および調整料

  

管理処置料

  

15~60分
月に一度程度の調整を行います。

5,000円 × 回数

  

保定観察料

  

15~60分
矯正治療後、「後戻り」を防止するために、3ヶ月~半年毎に来院し、観察します。

50,000円

その他

  

PMTC

  

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング
プロによる、歯のクリーニング。歯ブラシで取れない歯石やコーヒー・ワイン・たばこのヤニ等の汚れを、専用の機器で取り除きます。

5,000円

※上記料金に消費税が加算されます。

<別途装置料について>
患者さんの申し出による矯正再治療の場合や、装置紛失時などの際は別途装置代金がかかる場合がございます。

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いの他に分割払い、クレジットカードでお支払いいただけます。

一括支払い

院指定の銀行口座へお振込みください。当院窓口でのお支払いも承ります。
注:銀行口座へのお振込み手数料は患者さんのご負担になります。

デンタルローン

デンタルローンをご用意しております。
詳しくはお問い合わせください。

クレジットカード

クレジットカードでもお支払い可能です。

自由診療による矯正治療費は医療費控除の対象になります。
また、一部の矯正治療では健康保険が適用される場合があります。

医療費控除

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額になります。

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

  • 医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
  • 治療の為の医薬品購入費
  • 通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
  • 治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
  • その他

還付を受けるために必要なもの

  • 確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
  • 領収書(コピーは×)
  • 印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

PAGE TOP