インビザライン

かみ合わせを変えないで行う骨切り手術

矯正治療のみでかみ合わせを改善したが、顔のバランスが悪い・曲がっている等の問題がある場合には、かみ合わせを変化させる事無く、顎矯正手術を行う事が可能な場合もあります。

この治療を先に矯正治療を終えられてますので、”サージェリーラスト”と呼んでいます。

矯正治療が終わったけれども 

”顔が曲がっている・顔が長い・顔が短い・口が閉じにくい・開いてしまう・何か顔の形が違う” 

等の問題がある場合には一度ご相談ください。

 

サージェリーラストとして行う事のできる手術として以下のものがあります。

・上下顎同時移動術(ルフォーⅠ型+下顎枝矢状分割術)

⇒ 顔の曲がり・受け口・長い顔・短い顔 等の改善

 

・ルフォーⅠ型骨切り術単独

⇒ 長い顔 (ガミースマイル) オートローテーションを利用します。

 

・オトガイ形成術

⇒ 相対的な口元の突出・口が開いてしまう・オトガイ部のシワ 

 

サージェリーラストのメリットは、術前矯正が必要ない(既に矯正は終わっている)ので顔の変形や機能不全等のコンプレックスを比較的早期に改善できることにあります。

 

※ 全ての症例で適用できる訳ではありません。かみ合わせの状態と骨格の状態を確認・検査し、サージェリーラストが可能か否かを判断させて頂きます。