コンテンツ

顔面非対称+咬合平面異常+反対咬合

主訴 顔の曲がり・受け口・うまく咬めない
頬や舌を間違って咬んでしまう
左側顎関節の違和感
診断 顔面非対称・反対咬合
治療経過 術前矯正期間 13カ月
顎骨形成手術
術後矯正期間 7か月
施行手術 Le Fort Ⅰ型骨切り術 +下顎枝矢状分割術
(上アゴの左右の傾きを改善しつつ前方に移動、下アゴは上アゴに合わせて咬めるように移動しています。抜釘手術時に、横顔のバランス・口唇閉鎖を考慮し、オトガイ形成術も施行しています。)
まとめ 顔の曲がりと咬み合わせを治療により改善することができました。
※ 顔面非対称の症例では、左右瞳孔の垂直二等分線上に、上アゴ・下アゴ・オトガイの中心がほぼ一致するように治療を行います。完全に対称な顔は存在しませんので、 過剰な期待はしないでください。

治療のリスク

治療のリスクについて 詳しくはこちら