コンテンツ

上顎前突症+下顎後退症+開咬症

主訴 咬めない・下アゴが下がっている。
横顔・発音障害
診断 上顎前突症・下顎後退症・開咬症
治療経過 術前矯正期間 15カ月
(上アゴは第一小臼歯を抜歯して術前矯正を行っています。
そのため術前矯正の期間がやや長期になりました。)
顎骨形成手術
術後矯正期間 5か月
施行手術 Le Fort Ⅰ型骨切り術 +下顎枝矢状分割術
(上アゴを約2mm後方に移動。下アゴは前歯が咬めるように前上方に移動しています。抜釘手術時に、横顔のバランス・口唇閉鎖を考慮し、オトガイ形成術も施行しています。)
まとめ 開口症のため前歯が全く使えず、食事に時間を要したそうです。
特に麺類を食べる際に苦労されていました。
手術後は、良く咬めるようになったとおっしゃっています。

治療のリスク

治療のリスクについて 詳しくはこちら