コンテンツ

下顎前突症+反対咬合

主訴 受け口・咬み合わせ・発音障害(サ行・タ行)
診断 下顎前突症・反対咬合
治療経過 術前矯正期間 10カ月
顎骨形成手術
術後矯正期間 6か月
施行手術 下顎枝矢状分割術
上記手術を実施したところ、横顔のバランス・口唇閉鎖に問題がないため、
抜釘手術時にオトガイは施行しませんでした

 

治療のリスク

治療のリスクについて 詳しくはこちら