コンテンツ

顎が長いのが気になる

顎の長さを短くしたい人が、まず思い浮かべるのは、歯科矯正による治療ではないでしょうか。確かに、歯科矯正によってある程度顎の長さを短くすることは可能です。しかし、顎の変形や歯や顎の機能異常を根本的に治すためには、外科治療(手術)がベストとなるケースがほとんどです。
ここでは、顎が長いことにコンプレックスを抱えている方に向けて、原因や治療についての有益な情報をご紹介します。

 

そもそも、なぜ顎が長くなってしまうのか?

そもそも、なぜ顎が長くなってしまうのか?

顎が長くなる原因は人によって異なります。
中でも多いのは、遺伝による先天的なものだと言われます。両親や祖父母のどちらかに顎の形が長い人がいる場合、子どもや孫にも遺伝することは珍しくありません。

もう1つは後天的なものです。顎が長くなる病気として代表的なのは、顎変形症です。顎の骨の位置や大きさに異常があることで、かみ合わせや発音などの機能異常を起こす症状です。顎変形症には、上顎前突症や下顎後退症など、種類がいくつかあります。顎が長くなる(長く見える)のは、下顎前突症、開咬症、非対称症といった種類に該当します。

実は、顎変形症になる原因は、医学の世界でもはっきりとは解明されていません。
遺伝的な要素が大きいと言われますが、下記のような原因も考えられます。

  • ストレスや疲れによるブラキシズム(歯ぎしり)や筋肉・血流の硬直で顎の位置がズレる
  • 老化による顔の筋肉の衰えで顎の骨を支える力が弱まる
  • バランスの悪い咀嚼が癖になっている

また、幼少期に指しゃぶりや舌突出といった癖が盛んだった場合も、原因になると言われます。子ども時代は顎の骨の成長が特に著しいため、顎の健全な成長を阻害しやすいのです。

 

顎が長いことの機能面でのデメリット

顎が長いことの機能面でのデメリット

顎が長いことで「審美面(見た目の美しさ)」が気になる点は、顎が長いと感じている多くの人に共通する悩みです。しかし、見た目だけでなく、歯や顎の機能にも異常を起こす場合があります。
例えば、「かみ合わせが悪くなり食べ物の咀嚼がしづらい」、「会話の時に発音がしにくくなる」といった異常です。さらにこうした症状は、ストレスや疲れを増幅させる要因でもあります。
結果的に、見た目のコンプレックスと機能異常の不快感で、ストレス・疲れが相乗的に増えていく、という悪循環に陥りかねません。

またかみ合わせの悪さや顎骨のズレの症状は、顎関節症のリスクを高める要因です。顎関節症になると、「口が開けられない(開口障害)」、「慢性的な痛みが続く」といった深刻な症状が起こり得ます。

 

手術で顎を短くするメリットは?

手術で顎を短くするメリットは?

顎を短くするには手術が有効です。矯正治療も手段の1つですが、一般的な矯正治療では、土台となる顎の骨は動かせません。ですから、矯正治療では根本的な治療にはならない、という不安要素があります。手術だと、「骨を動かせるので確実な成果が期待できる」、「矯正治療に比べて治療期間が短くて済む」というメリットがあります。

ただし、顎変形症の手術後はどうしても入院が必要です。顎変形症の入院期間は、一般的に2週間前後が目安となっています。
鶴木クリニック医科・歯科クリニックであれば3〜5日間の入院期間で済みます。もちろん早いだけではありません。厚生労働省から高難易度手術として公表されている、「上顎骨形成の手術実績が国内トップクラス」など、実績も豊富です。

この記事を読んで、「自分は顎変形症かもしれない」と感じた人は、まずは顎変形症専門の病院・クリニックで、カウンセリングだけでも検討してみてください

 

下記のページではセルフチェックを行うこともできます。
セルフチェックページはこちら