コンテンツ

当院の特長

顎矯正手術を日本に導入・普及させた鶴木隆(医師+歯科医師)のグループによる治療。
国内トップクラスの顎変形症治療経験

 

鶴木クリニック医科歯科は、“顎変形症治療”に特化したクリニックです。

患者さまが、安全かつ良質な治療結果を得られるように、口腔外科・麻酔科・矯正歯科のスペシャリストが治療にあたっています。
矯正治療から手術を伴う治療まで、あらゆる処置をグループ内で一貫して受診していただけます。

治療にあたるドクターは、鶴木隆が、“顎変形症の良い治療結果”を追求し集めたスペシャリスト集団です。

このチーム体制こそが、国内トップクラスの臨床経験をかけて作り上げた“安全・良質な治療結果”に結びついているのです。

 

顎変形症と診断された場合は健康保険治療が可能です

受け口などの顎変形症(機能障害を伴う)と診断された場合、矯正から手術まで健康保険の適用が可能です。

患者さんの負担する医療費は少なく済みます。

アゴ・顔が歪んでいて、咬めない・発音しにくいなどの機能障害を伴う場合、顎変形症の可能性がありますので、まずはお気軽にご相談ください

 

顎変形症とは?

 

 

治療期間を短縮できるサージェリーファーストにも対応

サージェリーファーストとは、はじめに(first)手術(surgery)を行う、ことから来ています。まず顎のズレを改善してから矯正を行う治療法です。
通常、顎変形症の手術をする場合は、矯正治療をした後に手術をしますが、その逆になります。

長くて2年程度かかる顎変形症の治療ですが、サージェリーファーストではその半分程度の期間で済むこともあります。
手術で顎骨の位置を改善した上で、矯正を開始するため、歯にかかる負担を軽減できるというメリットもあります。

※サージェリーファーストで治療を行う場合は、保険適用外となります。

サージェリーファーストについて詳しく

 

最新設備で治療の診断・治療方針をサポート

当院は、通常のセファロ画像(レントゲン)だけでなく、3次元的に骨を観察するための設備(Morpheus 3D モルフェウス3D)を導入しております。

顔全体を立体的に捉えるリアリティの高い画像データとレントゲン画像との合成により、特に顔面の形態、骨や歯の状態をしっかりと見極めて、治療の結果予測・治療方針を提示いたします。
※手術結果と全く一致する訳はありません。おおよその治療結果を共有することができます。

優秀な医師でも見た目だけでは顎変形症かどうかを判断するのは困難です。
こうした治療設備を使用することで、軽度な顎変形症で歪んでいる顔、受け口や出っ歯といった異常でも詳細に感知できます。

Morpheus 3D(モルフェウス3D)について

 

顎口腔機能診断施設ですので、手術ありの治療法・手術なしの治療法どちらにも対応可能です。

当院は、矯正歯科医院でも数少ない都知事より許可を受けた“顎口腔機能診断施設”です。

顎口腔機能診断施設ですので、歯列矯正だけでなく、外科的矯正治療法を含めた治療方針も提示する事が可能です。
成人においても、通常の矯正治療だけでなく、マウスピースによる見えない矯正(インビザライン)や舌側矯正(インコグニト)を行うことができます。
子供の矯正においては、それぞれのお子さんの成長や特徴を見極め、最適な治療方針を提示することが可能です。