お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正歯科への相談の仕方は?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

矯正歯科への相談の仕方は?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正歯科への相談の仕方」です。ぜひご愛読ください。
矯正治療は費用が高く、期間も長く掛かる治療です。

さらに歯並びの悪さというのは虫歯のような病気ではないですから、
矯正治療をしたいと思ってもすぐに決断はできないでしょう。
このため、矯正治療を希望する人はまず歯科医に相談しようと考えます。

相談して矯正治療のことを知り、その上で治療するかしないかを決断するのが基本です。
とは言え、何をどう相談すべきなのかは分かりづらいと思うので、
ここでは相談時に確認すべきことをまとめておきます。

費用について

矯正治療は健康保険が適用できないので費用が高額になりますし、
費用の算出方式も歯科医院ごとで異なります。
定額制や総額制を採用している歯科医院の場合は、メンテナンスも含めたトータルの総額を提示しています。

また一方で、通院するごとに費用を算出する処置払い制を採用している歯科医院もあります。
特に処置払い制の場合はトータル費用が分かりづらいため、
最終的に思わぬ出費が掛かって納得できないというトラブルも起こり得るでしょう。

このため、どんな算出方式でトータルいくら掛かるのか?
…つまり矯正治療で必要な費用の総額は必ず確認しておきましょう。
ちなみに費用は歯科医院ごとで異なるため、複数の歯科医院を回って費用を比較すると良いですね。

治療方法について

矯正治療の方法は1つだけではありません。
大きく分けるとワイヤー矯正とマウスピース矯正の2つの方法があり、
さらにどちらにおいても使用する矯正装置にいくつかの種類が存在します。

例えばマウスピース矯正の場合、同じマウスピースでもインビザラインやアソアライナーなどがありますし、
ワイヤー矯正の場合も表側矯正や裏側矯正といった全く別の方法が存在します。
もちろんどの方法も特徴が異なるため、自分に合った治療方法を選ばなければなりません。

しかし、採用している治療方法は歯科医院ごとで異なるため、
例えばマウスピース矯正は行っているけどワイヤー矯正は行っていないという歯科医院もあるでしょう。
このため、相談時にはその歯科医院がどんな矯正方法を採用しているのかを確認しましょう。

 治療期間について

矯正治療の治療期間は人によって大きく差があります。
歯並びの状態や治療方法によって異なるため、この場で治療期間を断言することはできません。
このため、相談時には必ず治療期間を確認しておきましょう。

実際に起こり得ることとして、社会人の場合は出張や転勤の問題が考えられます。
例えば1年先に転勤が決まっていた場合、
相談の結果1年以上の治療期間が掛かるのであれば転勤先の歯科医院で矯正治療を受けるべきでしょう。

治療期間を確認しなければ、こうした場合は矯正治療が中断される結果になってしまいます。
そういった問題を回避するためにも、治療期間は必ず確認しておきましょう。
また、治療後の保定期間も確認しておくと確実です。

歯科医の資格について

矯正治療は、歯科医師免許さえあれば行える治療です。
つまり、歯科医であれば例え矯正治療の経験が未熟でも治療を行うことができます。
これは日本の歯科医師法で定められていることですが、患者さんにとってはリスクを招くことにもなります。

何しろ矯正治療は難易度が高い治療ですから、
腕の悪い歯科医の元で治療を受けてしまえば治療が失敗してしまうかもしれません。
このため、患者さんからすれば腕の良い歯科医に治療を受けたいと考えるのが普通です。

ではどうやって歯科医の腕の良さを知るのか?
…それは日本矯正歯科学会の認定医や専門医の資格に注目することです。
相談時には、その歯科医院でこれらの資格を持つ歯科医が在籍しているのかも確認しておきましょう。

無料相談の活用

上記のような相談は、多くの歯科医院が無料で受け付けています。
院内の雰囲気を知るためにも直接歯科医院に行って相談するのがベストですが、
時間がないのであればメールや電話で相談を受け付けている歯科医院もあります。
こうした無料相談を活用して、矯正治療の不明点や疑問点を解消してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正歯科への相談の仕方についてまとめます。

1. 費用について :費用の算出方式は歯科医院ごとで異なるが、トータルの費用を確認しておく
2. 治療方法について :取り扱っている矯正装置の種類や矯正方法が歯科医院ごとで異なるため
3. 治療期間について :「治療期間=通院する期間」となるため、それが可能かどうかを知る意味で確認
4. 歯科医の資格について :腕の良い歯科医を判断するためのポイントになる
5. 無料相談の活用 :相談だけなら無料で受け付けている歯科医院も多いので積極的に活用するべき

これら5つのことから、矯正歯科への相談の仕方が分かります。
まとめると、費用、矯正方法、治療期間、歯科医の資格…相談時にこれらの確認は必須です。
また、患者さんも歯科医も人間である以上、相性の問題もあるでしょう。
このため、できれば直接歯科医院に行って歯科医と会話し、
相性が良いと思える歯科医の元で治療を受けるのがベストです。

PAGE TOP