お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

音楽の授業で笛を吹きますが、矯正装置が邪魔になることはありますか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

音楽の授業で笛を吹きますが、矯正装置が邪魔になることはありますか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正装置の装着と日常生活」です。ぜひご愛読ください。
矯正装置の装着で最も気になるのは審美性…つまり、見た目の問題だと思います。

ですから、最近では「見えない矯正」と呼ばれる方法も登場し、
矯正治療において患者さんの不安を解消するための医療技術が注目されています。
しかし、忘れてはいけないのが日常生活での問題です。

特に子供の場合、学校生活における支障の有無を親が考えてあげなければなりません。

楽器の演奏について

音楽関連の部活や習い事をしている場合、口元を必要としない打楽器や弦楽器は全く問題ありません。
問題となるのが管楽器で、これは吹いて音を出すため口元を必要とするからです。
最も、矯正装置を装着した状態でもこれらを吹くことは可能です。

しかしトランペットやホルンなどは唇を楽器に押し当てるような状態になるため、
矯正装置を装着することで違和感があり、高音が出しづらくなる可能性があります。
一方、マウスピースが大きめな金管楽器などの場合はそこまで影響がないと考えられます。

<対処方法>
歯科医に相談して専用のワックスを使用する方法がありますし、
違和感があっても吹くことで慣れによる解消も可能です。
ただし、大会などが近い場合は矯正治療を始めるタイミングを大会後にずらすのが確実でしょう。

スポーツについて

運動部、もしくは何らかのスポーツを習っている場合ですが、まずスポーツと言っても種類は様々です。
スポーツにおいて矯正装置の装着が問題となる理由は口元のケガです。
ですから、柔道や空手などの格闘技は控えた方が良いでしょう。

また、身体がぶつかり合う点からラグビーをすることもおすすめできません。
一方、野球やサッカーなら問題なくできますし、実際に矯正装置を装着しているプロ野球選手もいます。
ただし、これらのスポーツも転倒や衝突をすると口元を大きくケガしてしまいます。

<対処方法>
例えば、マウスピース矯正ならスポーツ中に外せるのでケガの心配はなくなります。
ただしマウスピース矯正では1日20時間のマウスピース装着が必要なため、
長時間スポーツをする場合はいくらマウスピース矯正でも外すことはできません。

勉強について

矯正装置を装着すると最初は違和感があるため、勉強に支障が出るのではないかという意見があります。
これは言ってみれば本人次第であり、矯正治療をする以上は矯正装置の違和感はどうしても起こりますし、
一方で勉強も毎日必ず行うもののため、どちらも避けることはできません。

ただし、その勉強内容が英会話となると少し考える必要があり、
例えば舌側矯正だと発音がしづらくなるなどの問題があります。
その場合、歯科医に相談して少しでも発音しやすい矯正装置を選択すると良いでしょう。

<対処方法>
まず受験などが近い場合は、受験が終わってから矯正治療を始めるのが確実です。
また本格的な勉強に影響がないよう、小学生の早いうちに矯正治療を開始するのも良いですね。
最も、矯正装置を装着する違和感も永久なものではなく、慣れで解消できる問題です。

マウスピース矯正について

矯正装置の装着による問題を解消するにはマウスピース矯正が良いのではないと考える人が多く、
なぜなら矯正装置を自分で取り外しできるからです。
確かに取り外しできる点はマウスピース矯正の利点ですが、自由に取り外しできると考えるのは間違いです。

1日20時間以上の装着が必要

マウスピース矯正では、一般的に1日20時間以上のマウスピース装着が必要です。
食事や歯磨きの時に外せるのは便利ですが、逆に言えば外せるタイミングはそれくらいであり、
部活や習い事や勉強のたびに外してしまえば、矯正治療の効果が失われてしまいます。

対応できる症例が限られている

そもそもマウスピース矯正は全ての人におすすめできるものではなく、
なぜなら対応できる症例が限られているからです。
あまり凸凹した歯並びだとマウスピース矯正では対応できず、ワイヤー矯正のみの選択肢となります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正装置の装着と日常生活についてまとめます。

1. 楽器の演奏について :唇を楽器に押し当てるタイプの管楽器だと違和感があり、高音が出しづらい
2. スポーツについて :身体がぶつかり合うスポーツは口元のケガにつながるので控えた方が良い
3. 勉強について :違和感はあるが慣れで解消できる。英会話など発音が重要な勉強は歯科医に相談する
4. マウスピース矯正について :1日20時間以上の装着が必要など、自由に取り外しできるわけではない

これら4つのことから、矯正装置の装着と日常生活について分かります。
勉強にしても部活にしても、近く大きなテストや大会が控えているなら、
必ずその旨を歯科医に相談してください。矯正装置は装着直後、どうしても違和感があります。
また、格闘技や動きの激しいスポーツの場合は控えた方が良いケースもあり、
相談次第で矯正治療を開始するタイミングをずらす提案もできます。

PAGE TOP