お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

成長期の子供において、歯並びの悪さがもたらす影響とは何ですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

成長期の子供において、歯並びの悪さがもたらす影響とは何ですか?

東京都三田の歯医者さん、鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「子供の歯並びが悪いことの影響」です。ぜひご愛読ください。
子供の歯並びが悪ければ、親としては矯正による改善を考えると思います。

しかし、治療期間の長さ、費用の高さ、本人の負担だけを考えると、
虫歯を治すような感覚で簡単に治療に踏み切れないのが本音でしょう。
実際、成長期において子供の歯並びが悪いとどのような影響をもたらすのでしょうか。

顎が正常に成長しなくなる

子供は大人になるにつれて身体が大きくなっていきますが、これと同様に顎も成長していきます。
顎は年齢とともに成長していきますが、どのように成長するかは歯並びの状態が深く関わっており、
歯並びが悪いと正常に成長できず、「正常に噛めない」、「顎が変形する」などの問題が起こるのです。

特に顎の変形は顔の輪郭に影響しますから、口元だけでなく顔全体の見た目が悪くなってしまい、
将来見た目を気にするくらいの年齢になると子供は悩んでしまうでしょう。
まだ小さなうちは目立った影響を感じませんが、歯並びが悪いと将来こうした影響があるのです。

集中力や思考力が落ちる

誤解のないように言っておくと、歯並びの悪さが集中力や思考力の低下に直接つながるわけではなく、
その意味では歯並びを改善したからと言って学力が高くなるわけではありません。
しかし、しっかりと噛めるようになることで思考力を養えると言われています。

また、歯並びが悪いと状態次第ではその箇所が気になってしまい、そのため集中力が低下してしまうのです。
ニキビが気になって、ついつい触る癖が出てしまって集中力が低下するように、
歯並びが気になることで無意味にカチカチと噛み合わせるなど、物事に集中しづらくなります。

虫歯や歯周病になりやすい

親は子供の虫歯に注意するでしょうが、その子供が成長していずれ大人になれば、
やがては本人が虫歯だけでなく歯周病にも注意しなければならないでしょう。
しかし、歯並びが悪いまま成長してしまうと虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

この理由は簡単で、歯並びが悪ければ単純に歯磨きがしづらくなるからで、
磨き残しが多いことでプラークが蓄積して虫歯や歯周病になってしまうのです。
つまり、子供が歯並びのまま成長してしまえば、その子供は虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

噛み合わせが悪くなる

歯並びが悪ければ正常に噛み合わせることができず、噛み合わせが悪いまま成長してしまいます。
そして、噛み合わせの悪さは口の中だけでなく全身の健康に悪い影響をもたらしてしまうのです。

慢性的な肩こりや頭痛

身体は何か動作をすればそれに関係する筋肉を使い、噛む動作においてもそれは例外ではありません。
噛む時には首から肩にかけてつながる広頸筋、顎の関節から頭の横にかけてつながる側頭筋を使いますが、
噛み合わせが悪いとこれらの筋肉が悪い影響を受け、慢性的な肩こりや頭痛が起こります。

顎関節症

顎関節症になると口が開かないだけでなく、耳鳴り、腰痛、目の充血など様々な症状が起こります。
噛み合わせが正常な人でも顎関節症が発症することはありますが、
噛み合わせが悪い人は常に顎関節に負担をかけていることから、発症しやすく重症化もしやすいのです。

身体に細菌を取り込みやすい

噛み合わせが悪い人は、その状態次第で口呼吸になります。
口呼吸をすると細菌を直接口の中に取り込み、そのまま身体の中に送り込んでしまうのです。
つまり噛み合わせが悪い人は身体に細菌を取り込みやすく、その分だけ体調も崩しやすいでしょう。

小児矯正のすすめ

大人でも矯正はできますが、どのみち矯正するなら子供の時に小児矯正を行った方が良いでしょう。
と言うのも、矯正を開始するタイミングとして大人よりも子供の方がメリットは多いからです。
例えば、子供の時に矯正すれば非抜歯で矯正できる確率が高くなります。

これは成長期の段階で矯正することで、歯や顎の成長を正常な方向へと促せるためで、
抜歯しなくても永久歯を綺麗に並べるスペース作りが可能になるのです。
また、矯正による痛みも子供の歯は動きやすい分、大人の場合に比べて痛みが小さくすみます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の歯並びが悪いことの影響についてまとめます。

1. 顎が正常に成長しなくなる :歯並びが悪いと顎が変形して成長してしまい、顎や顔の輪郭が歪む
2. 集中力や思考力が落ちる :歯並びが気になるとそれが気になってしまい、集中力や思考力が低下する
3. 虫歯や歯周病になりにくい :歯並びが悪いことで歯磨きがしづらく、常に虫歯や歯周病になりやすい
4. 噛み合わせが悪くなる :慢性的な肩こりや頭痛など、全身の健康に悪い影響をもたらす
5. 小児矯正のすすめ :矯正は大人よりも子供の時に行った方がメリットは多い

これら5つのことから、子供の歯並びが悪いことの影響について分かります。
歯並びの悪さが見た目の悪さにつながることは容易に想像できますが、
それだけでなく健康面においても悪い影響をもたらしてしまいます。
このため、成長期における子供の歯並びの悪さは審美面だけでなく健康面にも影響があると思ってください。

PAGE TOP