お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7534-9264

再診・その他のお問い合わせ

03-6435-0993

メールお問合せ・予約

メールお問合せ・予約

矯正歯科と審美歯科はどう違うのですか?|三田・港区・品川の矯正歯科・矯正なら鶴木クリニック医科・歯科

鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院
鶴木クリニック医科・歯科 三田分院へのお問い合わせ:03-6435-0993
お問合せ

港区無料歯科健診

矯正に関するご相談

難しい症例の保険適応

覚悟の瞬間 医療法人社団瑞鶴会 鶴木クリニック医科・歯科 鶴木隆

矯正歯科と審美歯科はどう違うのですか?

東京都三田の矯正歯科・顎変形症治療専門の鶴木クリニック歯科三田分院です。
今回のテーマは「矯正歯科と審美歯科」です。ぜひご愛読ください。
矯正すれば虫歯になりにくいなど健康面のメリットを得られますが、審美目的も兼ねた治療です。

さて、審美目的の治療を行う歯科と言えば審美歯科を連想しますが、
一方で矯正を専門に扱う矯正歯科も存在しており、矯正歯科と審美歯科はどう違うのでしょうか。
そこで、ここでは矯正歯科と審美歯科の違いについて説明します。

対応できる治療内容の違い

確かに矯正は審美目的の治療ですが、歯科における審美治療はそれだけではありません。
代表的なものとして歯を白くするホワイトニング、歯のマニキュアに等しいホワイトコート、
また詰め物や被せ物の素材をセラミックにするセラミック治療などがあります。

矯正歯科は文字どおり矯正を専門としているため、対応できる治療は一般的に矯正のみでしょう。
つまり、矯正歯科と審美歯科では対応できる治療の種類に違いがあるのです。
ただし、それぞれ具体的にどんな治療に対応しているのかは、その歯科医院によって異なります。

歯並びの改善に対する考え方の違い

矯正歯科で行う矯正は、矯正装置を使用して正常な歯並びや噛み合わせを作ります。
そして、患者さんの年齢によっては歯や顎の骨の成長を視野に入れつつ、
ゆっくりと時間をかけて歯を動かしていこうと考えるのが治療の流れです。

一方、審美歯科では見た目の美しさを最優先しますから、矯正も短期間での治療を考えます。
このため、歯をたくさん削る、セラミックの被せ物をすることで歯並びを改善することもあり、
つまり歯並びの改善に対する考え方や方法に違いがあるのです。

矯正歯科と審美歯科のそれぞれの提案

歯科における診療科目では、診療科目によって治療方法が限定されているわけではありません。
患者さんの要望に対してそれに対応できる歯科治療を幅広い視野で検討していき、
その中で患者さんにとって最良の治療方法を提案するのが歯科医の正しい役割です。

このため、審美歯科でもセラミック治療で歯並びが改善されないとすれば矯正を提案するでしょうし、
一方で歯並びの状態次第では矯正歯科がセラミック治療をすすめるケースもあるでしょう。
つまり、矯正歯科でも審美歯科でも矯正を提案することがあり、その意味では治療で共通した部分もあります。

歯並びの改善は矯正歯科がおすすめ

歯科医の視点で意見するなら、歯並びの改善には矯正歯科に行くべきであり、
なぜなら健康な歯を生かすこと、歯を守ることが治療の前提になっているからです。
最も、いくら矯正歯科でも状態によっては歯を削ることや抜歯を行うこともあります。

このため「矯正歯科=一切歯を傷つけずに治療する」とまでは断言できず、
「歯並びの改善における治療方針としては矯正歯科がおすすめ」と解釈してください。
もちろん審美歯科の治療がダメと言うわけではなく、その点を誤解してしまってはいけません。

審美歯科で矯正はできるのか

審美歯科が矯正しているかは分からず、正確にはその審美歯科に確認してみないことには分かりません。
審美歯科は文字どおり審美治療を行っている歯科ですが、審美治療には複数の種類があります。
全ての審美治療に対応した審美歯科もあれば、特定の審美治療しか対応していない審美歯科もあるでしょう。

矯正においてもこれと同じことが言え、矯正に対応した審美歯科もあればそうでない審美歯科もあり、
それはその審美歯科に直接聞いてみないことには分からないのです。
最も、矯正歯科なら矯正を専門に行っているため、確実に矯正に対応しているでしょう。

医師の矯正の腕はどちらが上か

一概には断言できませんが、矯正を専門に扱う歯科医師と審美治療を専門に扱う歯科医師、
診療科目だけで比較すれば矯正歯科の医師の方が矯正の腕は上でしょう。
最も、腕の良い医師にこだわるのであれば、診療科目よりも資格に注目した方が確実です。

矯正の腕の良さを示すのは日本矯正歯科学会の専門医の資格を持つ医師で、
専門医の資格を取得するには一定年数の経験と知識、そして症例改善の実績が必要になります。
その基準は非常に厳しく、日本矯正歯科学会の専門医は矯正のプロフェッショナルと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正歯科と審美歯科についてまとめます。

1. 対応できる治療内容の違い :矯正歯科は矯正専門、審美歯科は審美治療全般が専門
2. 歯並びの改善に対する考え方の違い :矯正歯科は歯や顎の骨の成長も視野に入れて歯を動かしている
3. 矯正歯科と審美歯科のそれぞれの提案 :状態次第で矯正歯科がセラミック治療を提案するケースもある
4. 歯並びの改善は矯正歯科がおすすめ :歯を守ることを考えれば、歯並びの改善は矯正歯科で行うべき
5. 審美歯科で矯正はできるのか :直接その審美歯科に確認してみないと分からない
6. 医師の矯正の腕はどちらが上か :一般的には矯正歯科だが、専門医の資格に注目した方が確実

これら6つのことから、矯正歯科と審美歯科について分かります。
歯並びの改善は歯を美しくすることであり、その方法はいくつかあります。
矯正はあくまでその一つであり、矯正を希望するなら矯正歯科で治療した方が良いでしょう。
さらに言えば、日本矯正歯科学会の専門医・認定医の資格を持つ歯科医なら腕も確かです。

PAGE TOP